2017年06月26日

中国人の所有する不動産の相続について

 近年、中国人が日本の不動産に投資する事例が増えてきました。そのような取引を目にする度に、「将来その中国人所有者が死んでしまったら、不動産はどうなるのだろう?」という疑問を持たざるをえません。今回は、そんな問題意識を皆さんとちょっとだけ共有してみたいと思います。


1 あらたな問題?
 外国人が日本の不動産を所有するという現象は、最近になって突然生じたわけではありません。というのも、日本には古くから在日韓国人等の永住外国人が数多く暮らしており、彼らが日本の不動産を所有して居住や事業のために利用するといったことは別に珍しくはなかったからです。そして、彼らに相続が生じた際の不動産の承継手続きについても、実務の蓄積による方法論が一応存在しています。

 また、その他の外国人については、かつて日本の不動産を購入していたのは、熟練した個人投資家や機関投資家くらいであったように思います。そのような購入者であれば、承継(転売や相続)のことについても当然に織り込んでいるはずです。

 近年の中国人の不動産取引は、上記とは区別して考えた方がよいように思います。というのは、購入の目的は確かに投資ですが、その投資を必要とする主たる理由が中国国外への資産避難というところにあるからです。購入した後に、その不動産をどのように承継させるかというところにまでは考えが及んでいないように思われます。

 もし、中国人投資家が承継について無計画のまま日本の不動産を購入しているという印象が真実そのとおりであれば、将来、彼らの購入した不動産の権利関係について困難な問題が生じてしまうかも知れません。


2 日本人の相続と何が違うのか?
 日本人にとっては当たり前のことと思われるかもしれませんが、日本人に相続が生じた際には、@日本の民法が適用され、さらに、A戸籍制度によりその相続関係を容易に証明することができます。

 これに対して、外国人に相続が生じた際には、@もAも無いのが原則です。即ち、相続に関しては、被相続人の本国法による(法の適用に関する通則法第36条)のが原則です。また、戦前に日本の植民地であった国々の一部(韓国と台湾)に戸籍制度が存在するのを除けば、国家が国民の相続関係を把握していないという状態のほうが世界的にはむしろ当たり前と言えるでしょう。

 さらに、中国については、経済の現状はどうあれ、社会制度においては共産主義の国家です。相続法をはじめとした私有財産保護に関する法制度が十分に整備されているとは、とても思えません。



 多少なりとも鼻の利く人々は、本稿で述べたような問題点を商機ととらえて、中国人富裕層向けにいろいろなスキームを提供しているようです。ここでは、その内容を紹介することも、いちいち批評することもしないでおきましょう。
money_toushi_shippai.png
posted by 司法書士 前田 at 15:03| Comment(0) | 相続・遺言

2017年02月13日

ハーフソールしてみよう!

 ヤフオクで格安に手に入れた新品同様の黒いキャップトゥ(ストレートチップ)のオックスフォード(内羽式)。エレガントな長めのトゥボックス、ブレークスティッチ(マッケイ)製法のレザーソールです。ただ、格好良い反面、あまり実用的ではありません。

 そこで、今回は、靴底の耐久性を上げ、雨でも滑らないようにするために、靴底にゴム製のハーフソール(半貼)を取り付けてみることにしました。
01.JPG
(実用には上品過ぎるかな・・。)



1 材料・道具
 使用するのは、近所のホームセンターで買ったハーフソールです。その他に用意するものは、次のとおり。

・ゴム系接着剤
・硬い筆
・マスキングテープ
・細マジック
・紙やすり(粗目)
・ゴム槌か金槌
・カッター
02.JPG
(ハーフソール用のゴム板。接着剤はコニシのG17がおすすめ。)



2 工程
(1) 目印をつける
 靴底にハーフソールをあてて、完成形をイメージしながら、マスキングテープとマジックで目印をつけます。当たり前ですが、大事な作業です。
03.JPG
(マスキングテープで、張る位置を決める。)
04.JPG
(ハーフソール側にも目印を。)


(2) 下地処理(足付け)
 ハーフソールを張る部分の靴底を、粗目(80〜120番くらい)の紙やすりを使って削ります。これは、表面積を増やすことによって、接着剤の食い付きをよくするためです。仕上がりの良し悪しは、8割方この作業で決まりますので、じっくり時間をかけて削ります。特に端の部分は剥がれやすいので、丁寧に表面を削っておきます。

 削った表面は、消毒用アルコールなどで拭いて、削りカスを残さないようにします。水拭きしても構いませんが、その場合には、次の工程に入る前に十分乾燥させる必要があります。

 また、ハーフソールの接着面がツルツルしている場合には、そちらも紙やすりで同様に処理しておく必要があります。今回使用したハーフソールの接着面は、もともとザラザラしていたので、そのまま、紙やすりをかけずに使用しました。
05.JPG
(接着剤を塗る部分の下地処理が成功の鍵。)


(3) 接着
 接着剤は、靴底の側にも、ハーフソールの側にも、塗ります。

 接着剤を延ばすときには、中心から外側に向かって延ばしていきます。このとき、硬目の筆(なければ、使い古しの歯ブラシでも可)を使うと、接着剤を薄く均一に延ばすことができます。
06.JPG
(薄く均一に接着剤を延ばす。淵付近を丁寧に作業。)

 接着剤を塗り終わったら、そのまま、15〜30分程度放置して、接着剤中の溶剤を飛ばし(揮発させ)ます。注意すべきは、接着剤を塗って直ぐにハーフソールを貼り付けてはいけないということです。接着剤の表面が、指で触ってもくっつかなくなる程度まで乾燥させてから貼り付けるのが正しい使用方法です。
07.JPG
(15分〜30分程度乾燥させます。すぐ貼り合わせたらダメです。)

 ハーフソールを貼りあわせたら、ゴム槌でたたいて、靴底に圧着します。専用の金台があればそれを使うに越したことはありません。接着剤の間に入った空気を残らず追い出すつもりで根気良くたたき続けます。
08.JPG
(位置を合わせて貼り合わせる。)
09.JPG
(最初は指で押して圧力をかけ・・。)
10.JPG
(ゴム槌でしつこくたたいて圧着。)
7509001091.jpg
(専用の金台は、一家に一台?)


(4) 仕上げ
 圧着後、2〜3時間経過してから、ハーフソールの余分なゴムを、カッターで切り取ります。カッターの刃をスムーズに動かすのがコツです。刃を途中で止めたり、上下前後に動かしたりすると、切り口(靴底のコバになる)が乱れてしまいます。切り口が乱れてしまった時は、後から紙やすりで修正する必要があります。
11.JPG
(コバ(小端)からはみ出た余分なゴムをカッターで切り取ります。)

 今回は、ハーフソールの剥がれ防止をかねて、真鍮製の飾り釘を打ってみました。ついでに、踵にも、ささやかな磨耗対策として飾り釘を打ってみました。我ながら、美しい仕上がりだと思います。
12.JPG
(控えめな飾り釘が美しい!)
13.JPG
(上から見ただけでは、ハーフソールを貼ったことは分かりません。)
14.JPG
(近くから見ても、コバが綺麗に仕上がりました。)



 履きおろす前にこのような処置をしておくと、靴の寿命を飛躍的に伸ばすことができます。ハーフソールが磨り減ったら、何度でもハーフソールだけ張り替えることが可能です。つまり、アッパー(甲革)を綺麗な状態に維持してさえいれば、10年でも20年でも同じ靴を使い続けることができるというわけです。

 これに対して、ブレークスティッチで接合された靴底自体が磨り減ってしまったら、ほとんどの場合、買い換えざるを得ないでしょう。もったいない話です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017.03.12追記
IMG_0090.JPG
(スエードのチェルシーブーツもハーフソール)

 レザーソールとヒールがやや擦り減っていたチェルシーブーツを補修しました。こちらもハーフソール。ヒールは、トップリフト交換にはまだ早いので、セメダイン社の「シューズドクター」での応急処置です。

 これらは、丁寧にやりさえすれば、素人でも綺麗に仕上げることのできる作業です。毎日のように使うものは、靴に限らず、自分で手入れするのが良いですね。

 


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 06:31| Comment(0) | 日記

2016年10月29日

カレンダーの台座をDIY

 来年のカレンダーを準備する時期になりました。カレンダーは、目立つ位置に貼って毎日見るものなので、インテリアの一部として見た目も大切です。

 そこで今回は、オシャレさん達に人気だと噂の「北の住まい設計社」製の台座付カレンダーを参考にして、先ずはカレンダーの台座を作ってみましょう。
001北の住まい設計社.jpg
(「北の住まい設計社」のカレンダー。)


 ここからは、写真と共にどうぞ。
 
 設計図はありませんが、A3の画用紙を使ってカレンダーのリフィルを作るつもりなので、完成する台座の大きさは30cm×30cmと決めました。そのイメージに合わせて、近所のホームセンターで材料をそろえます。薄いヒノキの板等を買いました。
002.JPG

 ノコギリで木材を真っ直ぐに切るのは難しい作業のひとつです。プラスチックの板をガイド(あて木)にして切断します。
003.JPG

 部品完成。次は組み立てです。
004.JPG

 ボンドで部品を仮止めします。先ずは、台座の裏側につけるフレームを接着します。フレームをつけると高級感が増すだけではなくて、木材が反ったり割れたりするのを防ぐことが出来ます。釘は、真鍮製の飾り釘です。
005.JPG

006.JPG

 カレンダーリフィルを固定する位置に穴を開けます。一般的な穴あけパンチと同じサイズの穴2つです。
007.JPG

008.JPG
(切断面のバリは、サンドペーパーで平滑にします。)

 台座の裏側には、ナットを埋め込んで、瞬間接着剤で固定します。表からは、リフィルを、指で回せるネジで固定するのです。
009.JPG

010.JPG
(表側。指で回せるネジ。)

011.JPG
(裏側。ナットが埋め込まれ、固定された。)

 ネジが外側から見えないようにフラップ(蓋)を作ります。ネジのあたる部分に窪みを掘っておくと、仕上がりが綺麗です。
012.JPG
(ドリルや彫刻刀が手近になかったため、工作用ルーターで穴を掘る。)

013.JPG
(ネジ頭の納まる窪みが完成。)

014.JPG
(蝶番で台座とフラップを連結。)

 部品が組みあがった後は、120番程度のサンドペーパーで、角を丸めたり、木材同士の段差を揃えたりすれば完成です。水性ニスを塗っても良いでしょうが、当面このままで使ってみようと思います。
完成1.JPG
(表)
完成3.JPG
(裏)
完成5.JPG
(フラップの角を丸めてあります。)

 材料費:1500円くらい
 完成品の価値:priceless

 リフィルを作ったら、写真を追加します。またね。

IMG_0006.jpg
(2017.02.10写真追加。使用中のカレンダー。)

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


posted by 司法書士 前田 at 10:15| Comment(2) | 日記

2016年10月10日

チェーン引きの追加

 シングルスピード折り畳み小径車であるTern uno (ウノ)の整備性があまり良くないため、タイヤ交換をはじめ、いろいろなことをサボっていました。久しぶりに、後タイヤをジッと見てみたら、タイヤのゴムが磨り減り、ヒビ割れて、所々カーカス(タイヤの骨組みである繊維)が出ていることに気づきました。これは危険です。
001.JPG
(磨り減って、糸状のものが見える。このまま走ると、突然タイヤが破裂することも・・。)

 そこで、今回は、後タイヤを交換するついでに、やろうと思いつつもずっと後回しになっていたチェーン引きを設置してみることにしました。

 もともと、unoには、チェーン引きが付いていません。このことも、整備をためらってしまう理由の一つです。後輪を外した後に、チェーンの引き具合と後輪のフレームへの納まり具合とを調整するのが面倒なのです。
002.JPG
(後輪を脱着するのが面倒な自転車。)
003.JPG
(シュワルベのcitizenから、シンコーのSR076へ交換。安くて良いタイヤ♪)

 使用するチェーン引きは、ママチャリ用の汎用品です。そのままでは取り付けられないため、最低限の加工が必要です。
01022111.jpg
(ママチャリ用の汎用チェーン引き。)

 チェーン引きの付いていないシングルスピード車に、チェーン引きを追加するためには、フレームエンドの幅や形状を考える必要があります。チェーン引きの種類によっても、フレームの内側に付けるタイプのものと、外側につけるタイプのものがありますので、フレームとの相性を見極めなければなりません。
active3196_125njsca.jpg
(三ヶ島の高級チェーン引き。形は様々でも原理は同じ。)
004.JPG
(チェーン引き装着後。ちょっと不恰好だけど、そのうちちゃんと加工するつもりです。)
005.JPG
(久しぶりにちゃんと手入れしたuno)

2016.10.10.JPG
(2016年10月10日体育の日。六甲はもう肌寒いほど。)


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

posted by 司法書士 前田 at 22:04| Comment(0) | 自転車

2016年10月05日

フラットペダルとスニーカー

 自転車という趣味にのめり込むようになって10余年が経ちましたが、未だに私は、同趣味の人達が必ずと言ってよいほど使っているアレとソレを持っていません。

 私の持っていないアレとは、ビンディングペダルのことです。当然、ソレとは、ビンディングシューズのことです。

 趣味として自転車を乗る人の多くは、なんだかんだと理由をつけては、ビンディングペダルを使います。好みの問題なので、それはそれで結構なことです。

 これに対して、私が、フラットペダルを好む理由は、安全で楽しいからです。フラットペダルなら、信号待ちで立ちゴケすることもないし、走行中に自転車から安全に飛び降りる(時には必要なことです。)ことだってできるのです。また、自転車を降りて、野山を歩き回ることだって思いのままです。
1.JPG
(現在使用しているミカシマLITE。使い心地最高♪)

 そこで、悩むのが、フラットペダルに適したスニーカー選びです。もちろん、専用のスニーカーは山ほど売られていますが、どれも高価なものばかりです。スニーカーなんて消耗品なのだから、安くなければ意味がありません。
メレル ロースト フューリー.jpg
(メレルのフラぺ用シューズ。12,000円か・・。)
モンベル トレールライダー.jpg
(モンベルのフラぺ用シューズ。これも12,000円か・・。)

 私の独断で、フラットペダル用として使えるスニーカーの条件と考えるのは、以下の3点です。文章にするのもちょっと恥ずかしいくらい、当たり前のことばかりです。

・価格が安い
・丈夫である
・靴底が硬く、薄く、ペダルに引っかかり易い形状である

 「価格が安い」というのは、お金持ちには関係ない条件でしょう。しかし、スニーカーの寿命は意外と短いのです。たとえまったく履かなくても、スニーカーを構成する樹脂や接着剤は、劣化(加水分解やカビ等の浸食)します。高価であったら、そう頻繁に買い替えるというわけにはいかないでしょう。
she013.jpg
(劣化して壊れたトレッキングシューズ。樹脂には寿命がつきもの。)

 「丈夫である」というのは、あらためて言うまでのことではないようにも思います。しかし、自転車を本気で漕いでいる時に、靴にかかる負担を侮ってはいけません。見た目だけの造りの甘いスニーカーなんか、直ぐにボロボロになってしまいます。

 「靴底が硬く、薄く、ペダルに引っかかり易い形状である」というのは、経験から言えることです。逆に、靴底が「柔らかく、分厚く、滑りやすい」スニーカーで自転車に乗ってみれば、すぐに納得してもらえると思います。

 さて、そんな条件に合うスニーカーを探しても、意外と見つからないものなのです。以前気に入って使っていたホーキンスの軽トレッキング用のスニーカーがないか探してみましたが、現在、同メーカーの販売するモデルは、ゴツゴツしすぎているものばかりです。
ホーキンス コンフォートトレッキング .jpg
(ホーキンスの軽登山シューズ。底が分厚すぎる。しかも、9,000円も・・。)

 結局、見つけたのは、「イグニオ」(アルペングループのブランドのひとつ)のスニーカーです。私にとっては、かなり良い使い心地です。1,980円也。
2.JPG
(お値段軽けりゃ、ココロも軽い。)

2016.10.01.JPG
(2016.10.01秋雨の止んだ隙に・・のつもりが、山の上は雲の中。)
2016.10.02.JPG
(2016.10.02やっと晴れました。暮れかかる六甲山。)

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

posted by 司法書士 前田 at 13:47| Comment(0) | 自転車