2019年09月23日

チェーンのお手軽ワクシング


自転車でいつもの峠道を登っていると、チェーンからジャリジャリという感触が伝わってきました。そろそろメンテナンス時期です。


0.JPG
(チェーンのメンテナンスは大事・・が、汚れるし、面倒くさい。)

私は、チェーンのメンテナンス回数を減らすために潤滑剤としてワックス(=蝋)を使っています。ワックスは、オイル系の潤滑剤に比べて、滞留性があり汚れにくいという利点があるからです。もちろん、欠点もあります。施工が面倒だし、チェーンが動く際の雑音もやや大きくなります。

今回は、以前にも紹介したことのある簡単なワックスの施工をまたやってみましょう。


1.JPG
(チェーンを外すついでにドライブトレイン全体を掃除すべし。)

ワックスを施工するためには、まずチェーンを徹底的に洗います。


2.JPG
(プラ容器とチェーンクリーナー液(サビ止め成分配合)。)

用意するのは、適当な大きさのプラスチック容器と水性チェーンクリーナーです。チェーンを入れた容器に、底から1cmくらいの高さまでクリーナー原液を注ぎ、フタをしてシェイクします。チェーンを構成するプレート、ローラーやピンの間にこびり付いた汚れを溶かすには時間がかかります。そこで、3分振ったら1時間漬け置き、また3分振ったら1時間漬け置き・・という具合に、気長にやります。納得がいくまでシェイクしたら、最後にチェーンを歯ブラシ等を使って水洗いします。


3.JPG
(チェーンを入れた容器にクリーナー原液を1cm程度。納得いくまでシェイクする。)

チェーンの汚れを完全に落としたら、完全乾燥させます。水分が残っていると、ワックスがチェーンの隅々まで浸透しません。通気性の良い場所に一晩以上吊り下げて乾かします。


4.JPG
(ワックス施工の下準備は、徹底洗浄と完全乾燥。)

通常、ワックスを施工するためには、鍋でロウソク(=パラフィンワックス)を溶かして、チェーンごと煮つめるという面倒くさい作業を伴います。しかし、私が使用するのはスキー用のワックスです。もともと液状なので溶かす手間がかかりません。


5.JPG
(ワックスを溶剤で液状にしたスキーワックス。)

ビニール袋の中にチェーンをいれ、スキーワックスの液を適量かけます。その後は、ビニール袋の口をしばって、液がチェーン全体になじむように手で揉みます。


6.JPG
(ワックスの先端を押し当てて、液を出す。)


7.JPG
(チェーンの隅々までワックス液をなじませるため、手でモミモミ。)

納得いくまで揉んだら、ビニールの口をほどいて、通気性の良いところに放置します。溶剤だけが揮発して、固形のワックスがチェーンの表面に薄く付着して残ります。


8.JPG
(窓際に放置。溶剤を揮発させる。)


9.JPG
(プーリーも洗浄・潤滑。ガイド側(右)とテンション側(左)を混同しない。)


10.JPG
(完成。数ヶ月メンテナンスフリー。)

このようにワックスを施工したチェーンは、「私の場合」今後数ヶ月はメンテナンスフリーです。中途半端な掃除をするとワックスが落ちてしまうので掃除はしないし、注油すると汚れるので注油もしません。私にはそれが合っていると思うのです。適切なチェーンメンテナンスとは、つまるところ好みや使用状況によるのです。


11.JPG
(そして、また登る・・。)



モータウン(MOTOWN) バイク用チェーン洗浄剤 チェーンデグリーザー 500ml #105

新品価格
¥762から
(2019/9/23 19:29時点)




AZ (エーゼット) A1-008 自転車用 チェーンディグリーザー 高浸透タイプ [付替用] (チェーンクリーナー)500ml AT606

新品価格
¥483から
(2019/9/23 19:29時点)




AZ(エーゼット) A1-010 バイク用 チェーンディグリーザー 500ml バイクチェーンの洗浄に 高浸透(AT805)

新品価格
¥750から
(2019/9/23 19:30時点)




GALLIUM(ガリウム) GENERAL・F220(220ml) SW2086

新品価格
¥1,360から
(2019/9/23 19:33時点)




TOKO(トコ) スキー スノーボード メンテナンス用 ワックス エキスプレス マキシ 200ml 5509264

新品価格
¥1,600から
(2019/9/23 19:40時点)










posted by 司法書士 前田 at 19:33| Comment(0) | 自転車

2019年08月25日

大切な本には保護フィルムがおススメ


何度も穴のあくほど同じ本を読むというのは、読む人にとってだけでなく、もし本に心があるのなら、きっと本にとっても幸せなことでしょう。

そこで、今回は、そんな幸せを長くつづけるために、大切な本に保護フィルムを貼ってみましょう。使用するのは、図書館でも使用実績のある埼玉福祉会「ピッチン」という商品です。

以下は写真で。



1.JPG

用意する道具は、ピッチンの他、定規、カッティングボード、ハサミ、カッターです。

2.JPG

ピッチンを本の大きさに合わせて切ります。上下左右に2p以上余裕のある程度の大きさがあれば充分です。

3.JPG


4.JPG

本と一緒にカバーもコーティングする場合、カバーの折り返し部分の四隅を斜めに切っておきます。

5.JPG


6.JPG

ピッチンの台紙の端をめくって、少しずつ接着していきます。カバーと本は一体にして、四隅の一つから徐々に貼り始めます。


7.JPG

8.JPG

最初は、気泡ができないように指の腹でフィルムを抑えながら貼ります。そして、ある程度大きな面積を貼ったら、定規等で抑えながら貼っていきます。

9.JPG


10.JPG

裏表紙まで貼り終えました。


11.JPG

裏表紙までフィルムを貼ったら、一旦、カバーを外します。


12.JPG

本の背の上下に切り込み(オレンジ色線)を入れます。


13.JPG

切込みを入れた部分のフィルムを折り返して接着します。背を補強するためです。


14.JPG

カバーの四隅(オレンジ色線)を切り取ります。


15.JPG

再び、本とカバーを一体化させ、フィルムを表紙の内側に折り返して接着します。


16.JPG


17.JPG

一冊目が完成しました。素人でも簡単に作業でき、きれいに仕上がりました。


18.JPG

もちろん、大切な落書きも見えるようにしてあります。


19.JPG

同じようにして、残りの2冊にもフィルムを貼りました。


20.JPG

表紙の内側はこのようになっています。フィルムに切り込みを入れたり、四隅を切ったりする理由が分かります。



21.jpg

無関係の写真。久しぶりにルアー釣り。朝マズメの2時間で釣果ゼロとは・・。



埼玉福祉会 SAIFUKU ピッチン 接着剤付透明コートフイルム 幅35cmX長さ2m・厚さ0.07mm

新品価格
¥586から
(2019/8/25 18:16時点)










タグ:おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 18:16| Comment(0) | 日記

2019年07月22日

前カゴで行こう!


6年間ママチャリ同様に使ってきた折畳み小径車の tern link uno (ウノ)には、実はママチャリの標準装備がありません。前カゴです。

そのため、スーパーに買い出しに行くときなどは、いつもリュックサックを担いで出なければなりませんでした。買った物がリュックサックの容量を超えたときなど、不便さを感じながら片手にレジ袋をぶら下げるしかありませんでした。

1.JPG
(ミニマリスト=必要最低限で格好良いが、不便。)

そこで、今回は、めっきり折り畳む機会の無くなったウノに丈夫な固定式(⇔取外式)の前カゴを装着することにしたのです。取り付けるカゴは、昔乗っていたママチャリについていたものです。

2.JPG
(カゴ本体以外の部品は100均で調達。結局使わなかった部品もいくつか。)

もちろんターンの自転車にポン付けできるような専用品もあるにはあるのですが、今回のカゴは汎用品であるため、作業しながら取り付け方法を考えていかなければなりません。

tn-luggagetruss-w-holdem-side-v02-web.jpg
(専用品はオシャレ。でも・・・10kgの米袋は運べまい。)

3.JPG
(仮付けして、作業しながら取り付け方法を考える。)

4.JPG
(あっ・・・と完成。小径タイヤに比して妙に大きなカゴ。)

ステーを曲げたり、穴を開けたりして、「あっ」という間に前カゴ装着が完了しました。

よく見れば、結束バンドで固定した箇所があったり、ステーの曲げ角度が一定でなかったりして、匠の仕事ではないことが分かります。しかし、前カゴ自体はガタもなく頑丈に固定できました。これならば、米袋等の重量物を運ぶのにも耐えるでしょう。

5.JPG
(上側は、車のシートフックでハンドルバーに固定。)

6.JPG
(下側は、ブレーキキャリパー取付部から1本ステーで固定。)




RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ショッパー KF823

新品価格
¥4,970から
(2019/7/22 15:00時点)




RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント KF810

新品価格
¥1,965から
(2019/7/22 15:03時点)




RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント (キー付) KF830

新品価格
¥3,090から
(2019/7/22 15:04時点)









posted by 司法書士 前田 at 14:57| Comment(0) | 自転車

2019年07月21日

フラットペダルとハーフクリップ


前回の記事で調整した安ペダルについての続編です。

このペダルは片踏みのため、本来はトゥクリップをつけて使用すべきものです。トゥクリップをつけない状態では重量バランスが悪くて、足を外したときにはペダルが本来の方向とは逆を向いて、使いづらいのです。

1.JPG
(両踏ペダル(左)と片踏ペダル(右)。)

そこで、いつも舗装路ばかり走っているロックホッパーに、樹脂製ハーフクリップを組み合わせて安ペダルを取り付けることにしました。


2.JPG
(ペダルを返すための爪。)


片踏のペダルにはペダルを返すための爪がついており、慣れると、足入れがとてもスムーズに決まります。信号待ちからのスタートで足入れにモタモタしているのは、みっともないのと同時に危険でもあるのです。ペダルの返しと足入れの手順は、次の3枚の写真のとおりです。


1
3.JPG
(足裏で「返し爪」を引っ掛ける。)

2
4.JPG
(ペダルを返す。)

3
5.JPG
(つま先をクリップに滑り込ませる。)


止まった状態で撮影したため、厳密に言えば上の写真には間違いがあります。例えば、利き足の右足で2時〜5時の位置で踏み込んで発進する場合、左足の足入れをするのは力の抜けている9時〜12時の位置になります。つまり、左足は、足入れの後すぐに踏み込みの体勢に入っているということです。合理的でスマートな発進です。もちろん多少の慣れを要します。

写真でもわかるとおり、履いているのは靴底フニャフニャな(=シャンクなしの)キャンバススニーカーです。ハーフクリップをつけるとペダル踏面が大きくなるので、柔らかい靴でも比較的快適に自転車に乗ることができます。カジュアルライダーにとっては、これもハーフクリップの大きなメリットです。

6.JPG
(表六甲線。雨上がりで湿度最高。)

7.JPG
(ミカシマのハーフクリップとウェルゴのロードペダルの組み合わせ。)

8.JPG
(夜景で有名な掬星台。雲の間から神戸の街がのぞく。)



MKS(三ヶ島) ハーフクリップスチール [Half Clip Steel] フリーサイズ

新品価格
¥1,430から
(2019/7/21 10:36時点)




grunge(グランジ) ハーフクリップ(グランジ)

新品価格
¥387から
(2019/7/21 10:37時点)




MKS(三ヶ島) ペダル シルバン トラック [SYLVAN TRACK] ブラック 左右セット

新品価格
¥2,556から
(2019/7/21 10:38時点)











posted by 司法書士 前田 at 10:39| Comment(0) | 自転車

2019年07月14日

蘇れ、「おまけ」ペダル!


自転車を趣味としている人なら、完成車に「おまけ」として付いてくる安物ペダルの2〜3セットくらいは持っているでしょう。このようなペダルは回転も耐久性もイマイチなので、使い道に困ります。

そこで、今回は、安物ペダルを調整して、隠れた性能を引き出してみましょう。

以下、写真で。

1.JPG
(樹脂ボディー、アルミケージ、カップ&コーンベアリングという典型的ペダル。)

2.JPG
(邪魔なケージとキャップを外して作業開始。)

3.JPG
(ロックリングを外す。強いトルクがかかっているのはここだけ。)

4.JPG
(ロックリングの下には、カギ付きワッシャー。その下にはコーン。)

5.JPG
(コーンは先の細いラジオペンチ等で外す。ベアリングの数を確認する。)

6.JPG
(分解した部品の全て。単純で、メンテナンスしやすい構造。)

7.JPG
(工場出荷状態では、正体不明の固い茶色いグリスが入っている。回転もゴリゴリ。)

8.JPG
(シマノのプレミアムグリスに詰め替えて、ベアリングを並べる。)

9.JPG
(反対側もコーン、ワッシャー、ロックリングの順で組み立てる。)

10.JPG
(「あたり」=回転と締付けとのバランスを試行錯誤で探る。)

11.JPG
(あっ・・と、完成!見た目は同じ、性能は100倍増し。)

12.JPG
(ゴツくて重いペダルから・・。)

13.JPG
(軽い「おまけ」ペダルへ交換。)

工場出荷状態の安物ペダルには得体の知れない茶色くて固いグリスが入っており、「調整」とは言えないくらいゴリゴリに固くネジを締めこんであるものです。これでは回転抵抗=摩擦が多くなるばかりか、ペダル自体もすぐに壊れてしまいます。しかし、そんなペダルでもちゃんと調整すれば、別物のようにスムーズに回転し、耐久性も向上するのです。

14.JPG
(六甲。梅雨の晴れ間に急いで登る。交換したペダルのテストは後日に。)




MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット シルバー

新品価格
¥4,132から
(2019/7/14 14:19時点)




AZ(エーゼット) BGR-004 自転車用 セラミックグリス ボロンナイトライド配合 50g 自転車グリース BG083

新品価格
¥540から
(2019/7/17 09:33時点)




MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット

新品価格
¥2,204から
(2019/7/14 14:21時点)






posted by 司法書士 前田 at 14:21| Comment(0) | 自転車