2015年01月25日

久々のジャイアント

 2015年1月24日、神戸に引っ越してきて以来、2年間くらい全然乗っていなかったシングルスピードの自転車に乗って来ました。

1. 本日の自転車
 この自転車は、ジャイアントのバワリーというモデルです。ピストバイクが一時流行した頃に、ミーハーな人たち向けに作られたモデルだったのでしょう。私も、スタイリングに惹かれてこれを買った一人です。
DSC_0003.JPG
(このハンドル形状、たまらんね・・。)

 しかし、乗ってみると、バワリーはとても良くできた自転車です。シングルスピードの自転車に共通して言えることですが、ペダルから入力したエネルギーがそのまま推進力に変換されているという感覚は、とても楽しいものです。駆動・変速関連の故障がとても少ない(というか、変速は存在しない)というのもシングルスピードの利点です。出先で故障して立ち往生してしまえば、自転車に乗ってもちっとも楽しくありませんから。

 私のバワリーは、ギア比の変更以外は特に目立ったパーツ交換などはしていません。ギア比は、51×16に変更しています。1分間に100回転こぐと、時速40km超出るようなギア設定ということです。このギア設定は、以前住んでいた千葉県で、平地を主とした50km程度のトレーニングをすることを念頭にしたものでした。ちなみに、固定ギアではなくてフリーギア(正回転のみ駆動がかかる機構)を使用しています。ピスト好きな人の気持ちは分からないではありませんが、公道で固定ギアを使うのはお勧めできません。

 バワリーに乗らなくなってしまった理由は、私が六甲山の麓に引っ越して来てしまったためです。平地を走ろうとすれば東西のどちらかに行くしかありません。南側は海です。北には六甲山。重いギアでは、山に登ることは勿論出来ません。


2. 箕面へ
 乗らなくなったバワリーは、私の事務所の飾りになっていましたが、眺めるたびに可哀想な気がしていました。やはり、自転車は乗ってナンボのものです。そこで、今後、バワリーを平地のツーリングに活用するために、試しに短い距離を走ってみることにしたのです。

 街中でのストップ・アンド・ゴーを考慮して、トゥークリップを、ストラップ付きのものから、ハーフクリップに付け替えました。ギアは、51×16のままです。
クリップ.JPG
(三ヶ島のハーフクリップ。気に入って、こればかり使ってます。)

 目的地は、大阪府の箕面です。往復で75km前後の距離です。

 走り出してすぐに違和感が。サドルが低すぎました。レーパンを履いて合わせたサドル位置だったために、普通のハーフパンツで乗ると、パッドの厚み分だけサドルを上げなければならなかったのです。ダメ出しを兼ねたツーリングのため、そのまま走り続けました。
DSC_0006.JPG
(カトリック夙川教会の尖塔。いい仕事している・・。)

 出だしはそれでも快調です。いつも乗っているクロスバイクやマウンテンバイクとは明らかにスピードが違います。ゆっくり走るつもりが、バイクに誘われるまま、つい調子に乗って回しすぎてしまいました。これが後半にひびくことになるとは・・。
DSC_0010.JPG
(西宮のティラノサウルスに再会。)

 箕面周辺。坂道が増えました。ここで、また失敗。普段この辺りを走っていないため、坂の勾配と長さが予想できません。思ったよりも長い上り坂の途中で、力尽きてしまいました。自転車を押して登るのは、誰も見ていないにしても、かなり恥ずかしいことです。
DSC_0012.JPG
(こんな低い丘を登れないとは・・。)

 帰り路は、自分が思っていた以上に筋肉が疲労していたようで、脚が全然回らなくなっていました。自宅近くの何でもない坂道がなんと辛かったこと・・。


3. 反省と対策
 今回、短めの距離を走ってこれだけヘロヘロになってしまったので、今後バワリーを運用していくうえで、きちんと対策しないといけません。対策といっても、大したことではありません。

 一つは、ポジションの見直しです。サドル位置は当然見直す必要があるのですが、それと合わせて、ハンドルも交換する必要がありそうです。現状のハンドルは、形がとても気に入っているのですが、高低差がつきすぎており、坂道を含めた100km超のツーリングには向かないでしょう。バーテープを交換するタイミングで、浅い丸ハンドルにすることを検討します。

 二つ目は、ギア比です。重いギアでは、長続きしません。乗る前からわかっていたことですが、今回のツーリングで痛感しました。バワリーに元々付いていた46×17のギアが残っているので、これに変更することにします。

 バワリーを多段変速化してみるというのも、妄想のテーマとしては面白そうですが、これはやりません。掛ける改造費に見合うだけの性能が得られないからです。興味のある人は、是非やり方を妄想してみてください。

 では、また・・。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 19:05| Comment(0) | 自転車