2015年08月29日

うまいラーメンの作り方を教えろ!の巻

 今回は、いつもとは趣向を変えて、思い出した話をしてみます。ちょっと脚色を加えすぎてしまいましたが・・。



 山本の経営するラーメン店『ホームラン軒』は、玄人好みの塩ラーメンが人気です。透きとおった一見何でもなさそうなスープは、口に含むとすっきりと香り、麺に絡むと芳醇な味わいに変化します。『ホームラン軒』は、今では全国からラーメンマニアが巡礼に訪れる『聖地』とまで言われています。昼飯と夕飯時ともなれば、店の前は、毎日長蛇の列でにぎわいます。
ramenya.png

 それは、初秋のある日、昼食の大混雑がひけた午後のことでした。店には、数人の常連らしい客のラーメンをすする音だけが響いていました。

 「はぁ、今日もひと山こえたな。夕方に向けて充電するか。」そう言うと、山本は、弟子の太朗ちゃんに厨房を任せて、一番奥の客席に座って、遅い昼食を食べ始めました。

 ガラガラガラッ・・。

 引き戸の渇いた音がすると同時に、両手にスーパーのレジ袋をさげた初老の男が、『ホームラン軒』に入ってきました。男は、厨房の太朗ちゃんを見つけると、「おいっ、そこの若いの。店の主人はいるか!」と、いきなり怒鳴りつけました。

 山本は、箸を止めると、「私がここの店主ですが、何かご用でしょうか?」と言って、奥から立ち上がりました。

 「おお。あんたが主人か。実は、インターネットでいろいろ調べて、ここのラーメンが旨いと評判だったので、わざわざ隣町から2時間かけて歩いて来たんだ。」

 山本は、「そうですか、お客様。それは、遠いところを大変ありがとうございます。席に掛けてお待ちください。メニューは、テーブルにございます。お水と麦茶はセルフサービスです。」と、穏やかな人柄のにじみでるような調子で言うと、自分の昼食を切り上げて、厨房に戻ろうとしました。

 すると、男は興奮したように両の手をガサガサさせて、「違う、そうじゃない、違うんだ。わしは、あんたにラーメンの作り方を教わりに来たんだ。わしも、近いうちにラーメン屋を出そうと思っとる。是非、あんたの玄人好みの味とやらを教えてくれ。」と、山本に、ググッと自分の顔を近づけました。

 山本は、口をへの字にして、数秒間、もしかしたら数十秒間、じっと店の天井に目をやりました。男は、山本の鼻の穴を探るかのような目つきで、山本の返事を待ちました。

 そのわずかな時間に、山本の脳裏を様々な記憶が巡りました。

 もともとサラリーマンだった自分が、妻の反対を押し切って、ラーメンの世界に飛び込んだこと。右も左も分からない頃、修業が辛くて、店のトイレでよく泣いたこと。友人から借金までして出した最初の店は、いつも閑古鳥が鳴いていたこと。その店は、一年もたずに潰れてしまったこと。金を貸してくれた友人に、泣きながら頭を下げたこと。その横で、妻も泣きながら一緒に頭を下げてくれたこと。再起を誓ったこと。そして、今の店があること。
ramen_shio.png

 ついに、山本は、男に向かって口を開きました。「申し訳ございません。ラーメンの作り方をお教えすることは出来ません。」

 それは、山本らしい、いつも通りの柔らかな口調でした。

 「別に、あんたに迷惑はかけない。材料だって、ほれっ、このとおり。近所のスーパーで、全部調達してある。今ならヒマだろ。厨房だけ貸してくれりゃいい。あんたは、わしがラーメンを作るのを横から眺めて、口だけ出してくれりゃいい。」男は、山本の目の前に、近所のスーパー『玉出屋』の膨らんだレジ袋2つをぐいと突き出しました。

 山本は、顔の前のレジ袋を、手で振り払いました。山本の手は、わずかにこわばっていました。

 「申し訳ございません。ラーメンを作りたいのであれば、ご自宅でお作りください。私も、商売でラーメン屋をやっているものですから、私にとっては、ラーメンは命と同じです。ラーメンを食べないのなら、どうかお引き取り下さい。」山本の唇も、かすかに引きつっていました。

 「なんだ、客に向かってその態度は!ラーメンが命だと?ふざけたことをぬかすな。ラーメンぐらい誰だって作れるだろ。作り方を独り占めするとは、なんとケツの穴の小さい男だ。お前みたいな偉そうな奴の作るラーメンなんか、頼まれたって食うか!」男は、安物風船のように膨らんで、まくし立てました。そして、ひとしきり暴言を吐くと、戸を乱暴に蹴り開けて、出ていきました。

 男の去った店内には、またラーメンのすする音だけが響いていました。山本も、奥の席に戻って、また、何事もなかったかのように昼食を食べ始めました。

 太朗ちゃんは、チャーシューを切りながら、山本の背中にちらりと目をやりました。『俺も、いつか大将みたいになるんだ・・。』
ramen_tenin.png

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 16:01| Comment(0) | 日記

2015年08月24日

クリンチャータイヤの脱着という技術について

 自転車乗りにとって、タイヤ脱着の技術は必須です。最も頻繁に起こるトラブルは、タイヤのパンクだからです。

 タイヤ脱着は簡単なので、誰でも一応は出来るはずです。しかし、あえて今回は、@手を汚さないホイールの脱着方法とAタイヤレバーを使わないタイヤの脱着方法について紹介してみます。


1. 手を汚さないホイールの脱着方法
 まず、作業しやすいように、車体をひっくり返しておきます。そして、後ギアをトップ(一番外側)に入れておきます。スキュワー(クイックリリース)も外します。
DSC_000-18.JPG
(後ギアをトップに入れる。)
DSC_00-19.JPG
(スキュワーを抜く。)

 次に、後ディレイラーの本体を、親指と人差指ではさみ、親指をフレーム後方に向かって押し、ディレイラーを開きます。すると、ホイールがするりと抜けます。チェーンやスプロケットには、一切触れません。よって、手が汚れません。
DSC_00-21.JPG
(後ディレイラー本体を、人差し指と親指でつまむ。)
DSC_00-22.JPG
(親指をフレーム後方に向かって押して、ディレイラーを開きます。)
DSC_00-23.JPG
(スプロケットが、ディレイラー及びチェーンからするりと抜けます。)
DSC_0001.JPG
(手に油をいっぱいつけてパンク修理するのは、スマートではありません。)

 装着するときは、以上を逆手順で行います。


2. タイヤレバーを使わないタイヤの脱着方法
 タイヤをリムから外すときに、タイヤレバーを使うのが一般的です。また、タイヤを装着するときにも、タイヤレバーを使う人もいるでしょう。しかし、タイヤの脱着作業は、素手だけで行うのが理想です。レバーを使ってパンク修理をすれば、かえってレバーでチューブに穴を開けてしまうような失敗が起こりがちだからです。

 素手だけでタイヤをリムから外すためには、タイヤとリムの構造を理解していなければなりません。
rect42951.png
(ビードがビードベースをクリンチしているので、クリンチャータイヤというのです。)

 タイヤの淵には「ビード」と呼ばれるワイヤー等で補強されたカギ部分があります。これに対して、リムの淵にも、「ビード座(ベース)」と呼ばれるカギ部分があります。チューブに空気を入れると、このカギ部分同士がしっかりと結合(クリンチ)して、タイヤがリムに固定されるのです。

 よって、タイヤをリムから外すためには、チューブの空気を抜くだけではなくて、ビードとビード座との結合を解いてやる必要があります。このことを「ビードを落とす」と言います。リムの中央部分には、ビードを落とし込むための窪みがあります。
DSC_0002.JPG
(バルブ形状によって、空気の抜き方も違います。)
DSC_0004.JPG
(指でタイヤを挟んで、全周にわたってビードを落とす。)

 タイヤ全周にわたって、しっかりとビードが落ちていれば、タイヤとリムの間に余裕が生まれ、素手で簡単にタイヤを外すことが出来ます。
DSC_0006.JPG
(片手しか映ってませんが、両手で作業してください。)
DSC_0007.JPG
(外れた。)

 タイヤをリムに装着するときは、以上のことを逆手順で行います。
DSC_0009.JPG
(タイヤをリムにはめる前に、軽くチューブに空気を入れておくほうが作業が楽。)
DSC_0010.JPG
(バルブ位置から、タイヤを装着し始める。)
DSC_0011.JPG
(両手で作業してください。タイヤをはめるのは、外すのに比べて簡単。)
DSC_0015.JPG
(指で押せばタイヤがへこむくらいの空気圧の状態にして、装着具合を確認することを忘れずに。基本。)


 大抵のタイヤは、素手で脱着することが出来ます。しかし、幅広のリムに、無理やり細幅のタイヤを履かせている場合などには、素手では脱着できないこともあるかも知れません。練習してみて、確認してください。
2015.08.23.JPG
(ちょっと涼しくなってきた今日この頃。)

 では、また・・。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 13:06| Comment(0) | 自転車

2015年08月19日

安ペダルのメンテナンス、再び

 以前にも、安いペダルの整備方法について紹介したことがありますが、また、同じ手順の整備を、別のペダルでも行ってみました。

 今回のペダルは、VP−ONEという街乗り用の小さいフラットペダルです。昔、通勤用に使っていたものを、久しぶりに、普段使いのMTBに装着してみようと思い立ちました。しかし、使う前に、グリスアップと調整が必要です。
DSC_0001.JPG
(VP−ONE。小型でピンのないペダル。)


(1)分解
 先ず、外側のキャップを外します。
DSC_0002.JPG
(ここでキャップを外すために使っているのは、マイナスドライバーの先を加工したオリジナル工具。こんな時には、便利。)
DSC_0003.JPG
(ペダルボディーの中を除くと、一番外側にロックナットが見える。)

 キャップを外すと、ペダルボディの中には、ペダル軸(=アクセル、シャフト)に対して、ロックナット、鍵付きワッシャー、玉押し(=コーン)が、この順番で、固定されています。カップ&コーン式のベアリングを使用したペダルは、どれも同じ構造です。
d0108509_20255494.jpg
(自分で調整できるカップ&コーン式ベアリングのペダルが、安価なうえに長持ちする。)

 ロックナットのみが、しっかりとトルクをかけて固定されているだけで、その他の部品(鍵付きワッシャー、玉押し、ベアリング)は、ピンセットやラジオペンチ等で簡単に外すことが出来ます。
DSC_0004.JPG
(ペダルレンチで反対側を押さえて、ソケットレンチでロックナットを外す。正ネジです。)
DSC_0005.JPG
(鍵付きワッシャーは、ロックリングの回転が玉押しに伝わらないようにするための壁の役割。)
DSC_0006.JPG
(鍵付きワッシャーを外すと、玉押しがこんにちは。)
DSC_0007.JPG
(玉押しは、ラジオペンチやピンセットなどで捻れば簡単にに回る。トルクはかかっていない。)
DSC_0008.JPG
(玉押しを外せば、ベアリング球がこんにちは。)
DSC_0009.JPG
(マグネットのピックアップツールは、細かいベアリングを取り出すのに便利。100均でも売っている。)
DSC_0010.JPG
(ペダルボディの反対側からも、ベアリング球を取り出す。球の数を数えておく。)


(2)清掃と確認
 部品の清掃は、布でふく程度で構いません。洗浄のために溶剤等(灯油やパーツクリーナー)を使用する場合は、完全に乾燥させる必要があります。清掃と同時に、玉押し・玉受けの傷やベアリングの欠損等をチェックします。
DSC_0011.JPG
(清掃したペダル軸とペダルボディー。キズ等の異常がないかを確認する。)

(3)グリスアップと組み立て
 ペダルボディ内の玉受けにたっぷりとグリスを充填し、ピンセットを使用して、ベアリングをひとつずつ並べます。グリスは、シマノのプレミアムグリスを使用します。汎用のリチウムグリスでも構いません。
DSC_0013.JPG
(グリスのベッドに、ベアリング球をピンセットで並べる。球の数に注意。)

 ペダル軸にもグリスを塗布し、並べたベアリングを驚かさないように、ペダルボディに、そっと挿入します。
DSC_0014.JPG
(軸にもグリスを塗布。)
DSC_0015.JPG
(せっかく並べたベアリング球を驚かさないように、軸を慎重に挿入。)

 玉押しを、ピンセットで、ペダル軸に捻じ込みます。玉押しがベアリングに軽く触れる程度のところまで捻じ込みます。この時、レンチ等を使用してトルクをかけてはいけません。
DSC_0018.JPG
(玉押しを、ベアリングに軽く触れる程度のところまで捻じ込みます。トルクをかけません。)

 鍵付きワッシャーをペダル軸に通した後、ロックナットを捻じ込んで、軽くトルクをかけて仮締めします。
DSC_0019.JPG
(鍵付きワッシャーは、捻じ込むのではなく、軸に通すだけ。)
DSC_0020.JPG
(次に、ロックナットを捻じ込む。)
DSC_0021.JPG
(とりあえず、仮締め。)



(4)調整
 ロックナットを仮締めしたら、ペダル軸を指で回転させたり、前後左右にゆすったりして、回転具合を確認します。回転具合は、スムーズに回転するけれどもガタつきが無いようにするのが理想です。最初の仮締めの段階で、回転具合が最適になることはほとんどありませんので、根気よく調整を行う必要があります。
DSC_0023.JPG
(「ガタ」も「ゴリ」もないのが理想的な調整。)

 調整のためには、一旦ロックナットを緩め、ペダルボディとロックナットの隙間からピンセット等を突っ込んで、玉押しを緩めたり、締め込んだりして、行います。ペダルの回転具合が硬ければ玉押しを緩め、ガタがあれば玉押しを締め込みます。そのようにして玉押しを調整したら、再びロックナットを仮締めして、回転具合を確認します。
DSC_0024.JPG
(ロックナットを緩めた後、隙間からピンセットを突っ込んで、玉押しを調整。)

 最適な回転具合になるまで、同じ調整作業を繰り返します。誰でも、すぐにコツがつかめるでしょう。

 回転具合に納得がいったところで、ロックナットを本締めします。
DSC_0025.JPG
(キャップを被せて、おしまい。)


(5)試乗
 整備の終わったペダルをロックホッパー号に装着し、いつもの表六甲線を登ってみました。
DSC_00031.JPG
(自転車のカラーリングと合っていて、良い感じ。)

 街乗り用なので、ペダルとスニーカーとの相性があまり良くはありませんが、ペダルの回転自体はとても自然でした。
DSC_00021.JPG
(ついでに、ハンドルを、幅広ライザーバーに交換してみた。上半身が自由に動いて、軽快。)

 欲を言えば、MTB専用の踏面の大きいフラットペダルが欲しいところですが、しばらくこのペダルで我慢します。せっかく調子よく回るようになったペダルを使わないのでは、もったいないですから。


 では、また・・。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

兵庫県神戸市 ブログランキングへ
posted by 司法書士 前田 at 17:07| Comment(0) | 自転車

2015年08月13日

ブレーキケーブル・アウターの交換

 後ブレーキの感触が良くなかったので、ブレーキケーブルを観察してみると、アウター(ハウジング)に亀裂が入っていました。不自然に折れ曲がったケーブルは、ブレーキを操作する際の抵抗になります。

 そこで、アウターを交換することにしました。本当は、アウターだけではなく、ケーブル自体も一緒に交換すべきですが、今回はグリスアップだけにとどめておきます。
DSC_0001.JPG
(後ブレーキレバーから伸びるアウターに亀裂がはいって、不自然に折れ曲がっていました。)


(1)分解
 せっかくブレーキを分解する機会なので、Vブレーキ本体も取り外して清掃し、回転部分をグリスアップしておきます。ブレーキの操作感を向上させるためには、出来る限り各部の余分な抵抗を減らしておく必要があるからです。細かな抵抗の積み重ねが、ブレーキレバーが重くなってしまったり、ブレーキの戻りが遅くなってしまったりする原因になるのです。
DSC_0002.JPG
(ブレーキ本体も掃除し、回転部分に注油しておく。地味な作業の積み重ねが大事。)


(2)アウターの切断
 ブレーキ・アウターを切断するためには、通常、ケーブルカッターという専用工具を使用します。
mono37577601-110620-02.jpg
(ケーブルカッター。カッターを使う場合は、自転車用の専用品を使うべき。)

 しかし、私は、ブレーキアウターを切るときには、いつも金属用ノコギリ(ハック・ソー)を使用しています。カッターを使うと、アウター内の金属製チューブがつぶれてしまうからです。
DSC_0003.JPG
(金属ノコギリでアウターを切断。ちょっと根気の要る作業です。)
DSC_0004.JPG
(金属ノコギリで切断した直後のアウター切り口。内側の金属チューブが潰れていない。)
DSC_0005.JPG
(さらに、切り口をヤスリで整える。)
DSC_0006.JPG
(カッターで切断して、切り口が潰れてしまった場合は、千枚通しを突っ込んで、穴を整形する。)
DSC_0007.JPG
(ヤスリで整え終わったアウターの切り口。切断面は、ケーブルの抵抗が最も集中する。)
DSC_0008.JPG
(必要に応じて、キャップをかぶせる。)


 アウターの長さは、長すぎず、短すぎないようにします。長すぎても、短すぎても、ケーブルとアウターの摩擦抵抗を増やしてしまうことになります。ケーブルにはグリスを薄く塗布してから、アウターに通すようにします。


(3)完成
 ついでなので、前・後ブレーキとも、同じ作業をしました。ブレーキの微調整も、もちろん行いました。後ブレーキのアウターは、途中でケーブルを露出させないようにしてあります(=フルアウター)が、これは、ただの好みです。
DSC_0010.JPG
(フルアウターでは、ケーブルの抵抗を増やしてしまうという意見もありますが、そうとも限りません。)

 問題のブレーキの感触については、前・後とも、軽く引けて、素早く戻るようになりました。



 今回のような作業は、地味で単純なのですが、こんなことがきちんと出来るかどうかで、結果として、機材の性能に大きな差が出てしまいます。目立たないことも大事です。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

兵庫県神戸市 ブログランキングへ
posted by 司法書士 前田 at 11:03| Comment(0) | 自転車

2015年08月10日

偽スパイダー・サドル、その後

 以前、自転車乗りの間でちょっと話題の「偽スパイダー・ツインテール」について、使ってみた感想を書きました。その時の感想を一言で要約すると、「座面がグニャグニャで、使い物にはなりません。」というものでした。

 今回は、改めてなぜ偽スパイダーがダメだと感じたのかを振り返るとともに、そのダメな部分を改善する実験をしてみました。
switch_00004000.jpg
(本物のスパイダー・ツインテール。高すぎて、試してみる気にすらなりません。)



1. 股間や尻が痛いのはなぜ?
 一般に、自転車に跨って、股間や尻が痛いと感じる一番の理由は、乗り方のせいだと思います。サドルが悪いわけではありません。
41A-2+kLHEL.jpg
(偽スパイダー。見た目は本物そっくり。価格はビックリ。)

 細くて硬いスポーツタイプのサドルに、どっかりと体重をかけてしまえば、どんな高級なサドルを使っても、股間や尻が痛くなるのは当たり前です。逆に、ペダルやグリップに適度に体重を分散させ、時にはサドルから腰を浮かせたり、重心を前後に移動させたりしながら自転車に乗っていれば、股間や尻はそれほど痛くはならないものです。

 さて、偽スパイダーの場合はどうかというと、着座位置が非常に限定されてしまうような造りになっています。実用上、座ることが出来るのは、ハンモックのように柔らかい中央部分のみです。レールとサドルベースの接合部分は、極端に硬く、そこに尻を乗せると、太い針金を尻に突き刺すような痛みを感じます。サドルの前後を大きく使うような乗り方など、とても出来ません。これで尻が痛くなるのは、乗り方のせいではなくて、サドルのせいだと思います。
41TEgazfDEL.jpg
(レールと座面のプラスチックとの接合部分が、硬いことこの上なし。)


2. ミイラ・サドルを試してみた
 実を言うと、偽スパイダーの使用感があまりにひどかったので、購入直後ちょっとだけ使用して、すぐに取り外してしまいました。

その後、プラスチックの座面に皮を張って、改造を試みたりもしましたが、結局、上手くはいきませんでした。座面の柔らかさを補強するためには、皮一枚張ったくらいでは全く意味がありません。

 ところが今回、気まぐれで、余っていたゴムチューブを、サドルの座面に巻いてみることにしました。完成した姿は、エジプトのミイラのようです。見た目については我ながら酷いと思いますが、このようにすると、座面の横方向の湾曲がきつくなる分、全体的に座面が硬くなります。
DSC_0012.JPG
(ミイラ・サドル。こりゃ、ヒドいわ・・。)

 早速、いつものようにレーパンを履かずに表六甲線を登ってみましたが、尻に痛みなどは感じませんでした。これでも長い距離を走るのはどうかと思いますが、偽スパイダーをそのまま使うよりは、はるかにましでしょう。
DSC_0011.JPG
(炎天下での運動は、熱中症に注意しませう。)

 見た目に魅かれて買ったはずの偽スパイダーが、醜いミイラになってしまうとは皮肉です。

 では、また・・。
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

兵庫県神戸市 ブログランキングへ
posted by 司法書士 前田 at 13:59| Comment(0) | 自転車