2018年02月11日

大きな頭で行こう!(帽子ストレッチャーをDIY)

頭が微妙に大きい(頭周59.5cm)私にとって、アジア男性平均サイズ(58±1cm)の帽子は困ったものです。デザインが気に入って購入したものの、小さすぎて被れない帽子もいくつか持っています。サイズの合わない帽子は、額にくっきり痕がつくだけでなく、頭痛の原因にもなります。

そこで今回は、自作の帽子ストレッチャーで、きつい帽子をサイズアップしてみることにしたのです。


帽子ストレッチャーといえば、Hat Jackです。これと同じ仕組みのものを自作します。
51KY0wtxVjL._UL1500_.jpg

用意する材料は、「ターンバックル」と言われる金具とカマボコ板5枚です。サイズアップしたいのは、umii908(ウミキューゼロハチ)ブランドのウール100%(ヘッドバンドと裏地は綿100%)ハンチング帽です。
1.jpeg

まず、完成品をイメージしてカマボコ板を木工用ボンドで接着し、その後、釘で固定します。
2.jpeg

ヘッドバンドにあたる部分を、ナイフで丸く削ります。完璧を求める人は、ヤスリで滑らかに仕上げてもよいでしょう。
3.jpeg

購入したターンバックルのサイズがちょっと大きすぎました。そこで、片方のフックを切断して、長さを調整することにしました。
4.jpeg

帽子のヘッドバンド部分をファブリーズで湿らせて、少しずつ伸ばします。湿気によって一旦繊維の結合を緩めて伸びやすくするのです。スチームアイロンを使っても良いし、沸騰したやかんの口から出る蒸気を当てても良いでしょう。
6.jpg

帽子にストレッチャーをはめたまま、4〜5時間放置すれば完成です。試しに被ってみましたが、オーダーメイド品かと思うほどのフィット感です。
7.jpeg

ユニクロのスウェット生地ハンチングもサイズアップしました。帽子の素材にもよりますが、この方法で+1cmくらいまでのサイズアップが可能です。天然素材は、空気中の湿気を吸収排出したり、洗濯したりすると縮んでしまうことがありますが、その時にはまたストレッチャーでサイズを調整すればよいでしょう。
8.jpeg

費用対効果: ターンバックル 299円(税抜)
       カマボコ板    0円
       満足度     priceless



(ハットジャック) HatJack 帽子 ハットストレッチャー L(60〜62cm)

新品価格
¥4,860から
(2018/7/18 11:47時点)




タグ:DIY おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 15:50| Comment(0) | 日記