2018年10月28日

日陰のレビュー(サングラス編:JINS SPORTS 偏光サングラス)


レビューというと普通は最新商品が中心でしょうが、ここでは、私が自分で実際に使ってみてひそかに気に入っている割安自転車用品・部品を評します。今回は、JINS社のJINS SPORTS偏光サングラスです。

1.jpg
(JINS SPORTS、ひと味違ったサングラスのシリーズ。)

このサングラスは、通常の紫外線を遮断する機能に加えて、偏光レンズであるという点が特徴です。

2.JPG
(ウェイファーラーを丸っこくしたような形。色使いは独特。)

偏光レンズとは、対象物を見るため必要な光を透過させ、余計な反射光をカットするレンズです。分かりやすくその仕組みを理解するとすれば、窓に取り付けたブラインドのようなものです。多層構造のレンズの中に光を選り分けるブラインド層(肉眼ではもちろん見えません。)があるのです。路面の反射光もカットするので、視界がとてもクリアーになります。

3.JPG
(鼻とテンプル部にシリコンパッド。掛け心地抜群。)

スポーツサングラスとしての掛け心地もなかなかのものです。JINS社の他の多くの製品にも採用されているAIR FRAME という軽くしなやかな樹脂フレームに、シリコン製の鼻あて等のおかげで、激しく動いてもサングラスがズレたりすることはありません。また、フレームとレンズが絶妙に立体的にカーブしており、レンズ周囲からの光の侵入を防ぎつつ(レンズ内面に反射がない)、レンズ内側の通気性を確保する(レンズが曇らない)というバランスを高い次元で実現しています。もちろん、視界が歪むことはありません。

4.JPG
(JINS社の普通のウェイファーラーと比較。)

5.JPG
(スポーツ用特有のカーブ形状。)

残念ながら、JINS社にはもうJINS SPORTSの製品ラインはなくなってしまったので、現在、同シリーズのサングラスを購入することはできません。


JINS SPORTSは、工業デザイナーの柴田文江氏デザインによる2013年からのシリーズで、ありきたりのスポーツサングラスに比べ、遊び心をくすぐるようなデザインと色使いの製品を取り揃えていました。ただ、これは、人によって極端に好き嫌いの分かれるところであったのでしょう。2年以上前、私がこのサングラスを購入したのも、シリーズ終了前の処分セール中のことでした。

6.jpg
(スポーツサングラスといえば、普通はこんな形。)

私にとって、自転車以外にも、普段の外出時にもよく使うお気に入りの一本です。

7.JPG
(2018年10月28日、表六甲線。空気がうまし。)



PAERDE 偏光レンズ サングラス 超軽量 アルミニウム・マグネシウム合金 UV400 紫外線カット スポーツサングラス/自転車/釣り/野球/テニス/スキー/ランニング/ゴルフ/ドライブ PA07(ブラック)

新品価格
¥2,499から
(2018/10/28 16:30時点)





Coleman コールマン 偏光サングラス Co3008-1(コールマン専用ハードケース付)

新品価格
¥2,380から
(2018/10/28 16:36時点)







posted by 司法書士 前田 at 16:45| Comment(0) | 自転車