2019年02月18日

ケーブル式ブレーキのタッチ(引き感)の改善


こう寒いと、自転車好きな私でも乗る気が失せてしまいます。こんな時は、普段なら面倒くさくてやらないような小整備を楽しみましょう。

今回は、ケーブル式ブレーキの引きを改善するためにケーブルの長さ調整をします。この整備項目は、Vブレーキ、カンチブレーキ、キャリパーブレーキ、機械式ディスクブレーキにも当てはまります。



「スポンジ」感を解消しよう

ブレーキケーブル(金属ワイヤー+アウターハウジング)が長すぎると、その分ワイヤーが余計に収縮し、さらにアウターハウジングも余計に変形するため、ブレーキレバーにかけた力が効率よくブレーキアーム(Vブレーキの場合)に伝わりません。

その結果、いくら強くブレーキをかけてもフニャフニャした「スポンジ」のような感触になります。このような症状は、特にもともとケーブルの長い後輪のブレーキシステムで顕著です。

私のMTBのケーブルは現状でもそんなに余分に長いわけではありませんでしたが、更なるタッチ向上を目指してケーブルを短くしてみることにしました。

注意することは、短すぎてもダメということです。ケーブルが短すぎると、自然なケーブルの取り回し(ルーティング)やハンドリング切れ角に影響してしまいます。長すぎず短すぎずというバランスが大事です。


1.JPG
(前後ともケーブルがやや長いか。)


2.JPG
(ワイヤーをアウターから外して作業する。)


3.JPG
(どのくらい切るか?やり過ぎは禁物。)


4.JPG
(金属ノコの切断面。さらにヤスリで仕上げる。)


私は、アウターハウジングを切断するときはいつも金属ノコギリを使用します。この方法で切断すると時間がかかりますが、ワイヤーカッター等を利用したときのように切断面がつぶれるという弊害が起きません。アウターの出入口はワイヤーとの摩擦が大きいので、ちょっとした気遣いのつもりです。切断した後は、さらにヤスリで切断面をきれいに整えます。


5.JPG
(前ブレーキは、屈曲の深いバナナ(上)から浅いバナナ(下)へ交換。)


6.JPG
(前ブレーキケーブルも6p短縮。)


1.JPG
(ビフォー。)


7.JPG
(アフター。)


多少スポンジ感のあった後ブレーキケーブルを7p、問題のない前ブレーキも6p短縮しました。ブレーキを握った感じは、心なしかタッチが向上し、カッチっと効くようになった気がします。プラシーボ(偽薬)効果に過ぎないかもしれませんが、ケーブル式ブレーキのチューニングというのは結局こんな細かいことの積み重ねなのです。


8.JPG
(寒い日は室内で筋トレにいそしむ。積み重ねが大事。)



シマノ MTB用SUS ブレーキケーブルセット ブラック Y80098021

新品価格
¥1,600から
(2019/2/18 19:14時点)




シマノ ロード用SUS ブレーキケーブルセット ブラック Y80098019

新品価格
¥1,587から
(2019/2/18 19:14時点)




FITMATE 改良版 ぶら下がり健康器具 懸垂マシン 懸垂器具 筋力トレーニング 室内

新品価格
¥10,780から
(2019/2/19 08:31時点)




posted by 司法書士 前田 at 19:15| Comment(0) | 自転車