2019年03月18日

日陰のレビュー(サイドスタンド編)


レビューというと普通は最新商品が中心でしょうが、ここでは、私が自分で実際に使ってみてひそかに気に入っている割安自転車用品・部品を評します。今回は、サイドスタンドです。


私が主に登坂トレーニングに使っているMTB(スペシャライズド・ロックホッパー1997年式?)にはサイドスタンドがついています。軽量化してみようかと魔が差した時にはサイドスタンドを外すこともありますが、結局またしばらくすると取り付けてしまいます。自転車を立て掛ける場所を選ばなくても良いというメリットは、数百グラムの軽量化には代えがたいものなのです。

1.JPG
(2019年3月16日、愛車ロックホッパーにはサイドスタンドとフェンダーを装備。)


このサイドスタンドは、10数年前にサイクルベースあさひで買ったものです。チェーンステーに挟むだけで(摩擦を利用して)固定するタイプを選んだのは、見た目が良いからという安易な理由にすぎません。


このタイプは、チェーンステーの取付部分を痛めてしまったり(固定が強すぎる場合)サイドスタンドが回って(滑って)しまったり(固定が弱すぎる場合)する恐れがあるため、取付部保護と摩擦増加のためにグリップゴムを噛ませて固定してあります。ある程度肉厚があるような金属フレームの自転車(要するにエントリーレベルの自転車)にしか取り付けを推奨できないものです(カーボン素材フレームならこのようなサイドスタンド取付けによって割れてしまう恐れすらありますのでご注意を。)。

2.JPG
(取付部には損傷防止と摩擦増加を兼ねて分厚いゴムを挟んである。)


スポーツ自転車に乗っている多くの人はサイドスタンドになんて興味ないでしょう。でも、サイドスタンドは、自転車という気楽な乗り物をさらに気楽にしてくれる便利な小道具なのです。サイドスタンドに偏見(「初心者っぽい」)を持っている人も多いでしょうが、是非一度お試しあれ。

3.JPG
(通勤自転車。車体中央に取付けるタイプは見た目もスッキリ。)

4.JPG
(シングルスピード車の実用的スタンド。取付スペースに余裕があればこのようなタイプがお勧め。)


自転車 キックスタンド ロードバイク マウンテンバイク 片足 サイドスタンド 軽量 汎用 調整可 (黒)

新品価格
¥979から
(2019/3/18 16:08時点)





GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) アジャスタブル サイドスタンド ブラック KSS02900 WTGR

新品価格
¥1,728から
(2019/3/18 16:11時点)





MASSLOAD(マスロード) Vオープンセンタースタンド CL-KA56 ブラック

新品価格
¥2,160から
(2019/3/19 10:12時点)





cycledesign(サイクルデザイン) 自転車 キックスタンド センタースタンド アルミ 24-700 ブラック 026621

新品価格
¥1,198から
(2019/3/20 18:03時点)






posted by 司法書士 前田 at 16:11| Comment(0) | 自転車