2016年10月29日

カレンダーの台座をDIY

 来年のカレンダーを準備する時期になりました。カレンダーは、目立つ位置に貼って毎日見るものなので、インテリアの一部として見た目も大切です。

 そこで今回は、オシャレさん達に人気だと噂の「北の住まい設計社」製の台座付カレンダーを参考にして、先ずはカレンダーの台座を作ってみましょう。
001北の住まい設計社.jpg
(「北の住まい設計社」のカレンダー。)


 ここからは、写真と共にどうぞ。
 
 設計図はありませんが、A3の画用紙を使ってカレンダーのリフィルを作るつもりなので、完成する台座の大きさは30cm×30cmと決めました。そのイメージに合わせて、近所のホームセンターで材料をそろえます。薄いヒノキの板等を買いました。
002.JPG

 ノコギリで木材を真っ直ぐに切るのは難しい作業のひとつです。プラスチックの板をガイド(あて木)にして切断します。
003.JPG

 部品完成。次は組み立てです。
004.JPG

 ボンドで部品を仮止めします。先ずは、台座の裏側につけるフレームを接着します。フレームをつけると高級感が増すだけではなくて、木材が反ったり割れたりするのを防ぐことが出来ます。釘は、真鍮製の飾り釘です。
005.JPG

006.JPG

 カレンダーリフィルを固定する位置に穴を開けます。一般的な穴あけパンチと同じサイズの穴2つです。
007.JPG

008.JPG
(切断面のバリは、サンドペーパーで平滑にします。)

 台座の裏側には、ナットを埋め込んで、瞬間接着剤で固定します。表からは、リフィルを、指で回せるネジで固定するのです。
009.JPG

010.JPG
(表側。指で回せるネジ。)

011.JPG
(裏側。ナットが埋め込まれ、固定された。)

 ネジが外側から見えないようにフラップ(蓋)を作ります。ネジのあたる部分に窪みを掘っておくと、仕上がりが綺麗です。
012.JPG
(ドリルや彫刻刀が手近になかったため、工作用ルーターで穴を掘る。)

013.JPG
(ネジ頭の納まる窪みが完成。)

014.JPG
(蝶番で台座とフラップを連結。)

 部品が組みあがった後は、120番程度のサンドペーパーで、角を丸めたり、木材同士の段差を揃えたりすれば完成です。水性ニスを塗っても良いでしょうが、当面このままで使ってみようと思います。
完成1.JPG
(表)
完成3.JPG
(裏)
完成5.JPG
(フラップの角を丸めてあります。)

 材料費:1500円くらい
 完成品の価値:priceless

 リフィルを作ったら、写真を追加します。またね。

IMG_0006.jpg
(2017.02.10写真追加。使用中のカレンダー。)

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


posted by 司法書士 前田 at 10:15| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。
この間はご相談に乗っていただき、有難うございました。色々なことを教えて頂いて、胸が軽くなりました。
ネットの情報だけでは、わからないことも沢山ありました。
相談して、よかったです。本当に有難うございました。
Posted by 薮野りか at 2017年01月25日 23:38
薮野さん、どういたしまして。
Posted by 前田実 at 2017年01月28日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: