2017年09月02日

トイレトレーニングの踏台を作ってみよう

今回は唐突ですが、子供のトイレトレーニング用の踏台を作ってみることにしました。別に設計図があるわけではありません。製作手順は、写真でどうそ。


1 材料
材料は主に1×4材と2×4材というDIY好きにはお馴染みのものです。1×4材は、天板と補強部品として使います。2×4材は脚になります。板の他にも、L字金具(脚を補強するため)、木ネジや木工ボンド等が必要です。材料費は、全部で1500円程度です。
01.JPG
(材料はどこのホームセンターでも買えるようなものばかり)

踏台の天板の大きさを60cm×36cm、高さを23cmというラフな完成図を頭の中で描いてホームセンターに材料を買い出しに行きます。材料を買ったついでに、ホームセンターで木材を都合の良い大きさにカットしてもらいます。1×4材の60cmの板を4本、同じく40cmの板を4本切ってもらい、あとの部材は自分でノコギリを使って切り出すことにしました。
02.JPG
(木材を切るのは結構しんどい作業)
05.JPG
(切断した木が割れてしまわないように気を使います)

私と違って、きちんと設計図を描いてから材料を買いに行くのであれば、必要な部材は全てホームセンターで切り出してもらうのが賢いやり方です。素人にとっては、板を真っ直ぐ切るということが最大の難関だからです。時間と労力の大幅な節約にもなります。
06.JPG
(脚4本の長さを合わせるのは至難の業)


2 製作
天板はコの字になるようにします。これは、便器がスッポリはまるようにするためです。開口部は36cm程度です。さらに、便器の先端がはまる部分は、曲線ではなくて直線を基調としたデザインにすべきでしょう。その方が作り易く、仕上がりが綺麗になるからです。
03.JPG
(天板はコの字、開口部は36cm)
04.JPG
(天板の裏。ネジや釘は表側からなるべく見えないようにする)
07.JPG
(ヤスリで角を落として仕上げ)


3 完成
思いついてから完成まで5〜6時間と言ったところでしょうか。ノコギリで木材を切るというのは時間がかかるものです。暑い季節にそんな作業をして、完成した頃にはくたくたでした。
08.JPG
(完成!)
09.JPG
(開口部はこんな感じです)
10.JPG
(上から)
11.JPG
(便器に上手くはまっています)
タグ:DIY
posted by 司法書士 前田 at 22:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: