2017年10月01日

コースターブレーキの整備(クラッチ滑りの原因は?)後編

2017年9月初めにtern link uno (シングルスピードの小径車)のクラッチ不調を解決するためにコースターブレーキを分解洗浄して、しばらく運用を続けながら様子を見ていました。しかし、漕ぎ出しにクラッチが「ニュルッ」と滑る感触がどうにも気持ち悪くて仕方ありません。
IMG_0385.JPG
(室内での自転車いじり。汚れないように気を使う。)

そこで、根本的な解決を図るべく、クラッチ部品(クラッチコーン)を交換してみることにしました。
IMG_0387.JPG
(古いクラッチ単体で見れば、それほど問題があるようには見えないが・・。)

コースターブレーキを再度分解して、問題となっているクラッチコーン(上の画像右)を取り出してみました。新品のクラッチコーン(画像左)と比較してみると、確かにハブシェルをクラッチ(結合)する部分が磨耗しているのが分かります。とはいえ、溝もまだ残っており、それほど酷い磨耗でもないように見えます。クラッチコーン内部のスプリングには問題ないようです。

クラッチを交換したついでに、チェーンリング・クランクとチェーンを厚歯用のものに交換してみました。チェーンリングは、52丁から48丁に歯数を減らし、街中での運用により適した仕様としました。
IMG_0388.JPG
(厚歯は耐久性向上のため。歯数減少は街中での扱いやすさのため。)

早速、交換したクラッチの調子を確認するために、表六甲線の入り口である六甲ケーブル下駅までの約2km強の登坂テストを行いました。動力の伝達効率が格段に向上したことを実感しました。
IMG_0391.JPG
(自転車は絶好調、乗り手はもう限界。)

posted by 司法書士 前田 at 10:08| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: