2018年06月30日

マキタがキターッ!(サイクロンアタッチメントA-67169)


4年間、2日に1度の頻度で使用してきたマキタのコードレス掃除機CL102D。とても便利なのですが、唯一の不満は、集塵パックの容量が小さすぎてすぐに一杯になってしまう(ゆえに吸引力も弱くなってしまう)こと。
1 cl102d.jpg
(現行機 マキタCL102DW)


集塵パック問題で悩んでいた1ヶ月くらい前のある日、近所のホームセンターで、サイクロンアタッチメントを発見。5分迷った末に購入しました。
2 サイクロンアタッチメント A-67169.jpg
(マキタ サイクロンアタッチメントA-67169)




掃除好きな私にとって夢のような日々の始まりです。


本来、このサイクロンアタッチメントは、吸込仕事率15W超のマキタのコードレス掃除機に対応するようです。ウチのCL102Dは、多分、現行機(CL102DW)と同じ吸込仕事率14Wでしょうから、最適な組み合わせではありません。でも、そんな小さなことは気にしません。
3.JPG
(本体とパイプの間に装着する。)


掃除機本体とパイプの間に差し込むだけの簡単な取り付け方法です。紙パックが不要になるわけではありませんが、紙パックにはほとんどゴミがたまらなくなります。
4.JPG
(装着後。)


吸い込まれたゴミが集塵カップ内をクルクル回るのは新鮮な体験です。
5.JPG
(回る、回る!)


ソファーの下が若干掃除しにくくなりました。
6.JPG
(ちょっと出っ張りが増えて、狭いところは苦手に。)


階段だって軽快です。
7.JPG
(コードレスならでは。軽快。)


ゴミの量が一目で確認できます。
8.JPG
(意外にたくさんゴミが溜まる。)


集塵カップだけ簡単に取り外して、ゴミ捨て完了。掃除機内にずっとゴミを溜めっぱなしにしないので、何となく気分が良いのです。
9.JPG
(集塵カップの取り外しは簡単。)

10.JPG
(毎回ゴミをリセットして、何かいい気分♪)


おすすめ度: ★★★★★




マキタ(Makita) サイクロンアタッチメント A-67169

新品価格
¥2,646から
(2018/7/17 14:31時点)







タグ:DIY
posted by 司法書士 前田 at 12:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: