2018年07月30日

ブーツ靴底のDIY補修(シューズドクターでヒールリフト編)


前回に続き、シューズドクターを使ったブーツの補修です。今回は、ヒールのトップリフトを整形します。使用する道具も、使い方も前回と同じです。

01.JPG
(ヒールの一番外側=トップリフト)


補修するブーツのヒールには天然皮革が張ってありますが、この歩き心地が最悪です。着地の衝撃が足に直接響くうえに、油分が抜けて劣化した革に砂利が詰まって不快な足音がします。主観的な問題だと分かっているつもりでも、レザーソールを好きだという人の気持ちが理解できません。

02.JPG
(よく見ると、砂利がたくさん詰まっています。)


ヒールのトップリフトを交換するには、ヒールの形に整形したゴム板を貼り付けるのが一般ですが、今回は、革部分だけを剥がして、シューズドクターでその段差を埋めてみることにします。

03.JPG
(汎用のゴム板なら、1枚100円程度。今回は使いませんが。)


まず、革を剥がして、下地を粗目の紙ヤスリでよく削ります。樹脂の定着を良くするためです。

04.JPG
(革だけ剥がします。)

05.JPG
(靴底に使用した革へのダメージは相当なもの。パサパサで、ボロボロ。)

06.JPG
(紙ヤスリでしっかり「足付け」。)


ポリプロピレン板(シューズドクターに同梱されている。クリアファイルを利用しても構いません。)で、ヒール部分に堰を作ります。シューズドクターを整形しやすくするためです。

07.JPG
(ポリプロピレン板で堰を作る。)


堰の内側に、シューズドクターを搾り出して、パレットナイフで整形します。硬化するまで丸一日放置したら、ポリプロピレン板を外します。十分な硬化時間を置かずにポリプロピレン板を外すのは失敗のもとです。

08.JPG
(シューズドクターを塗りこんだ後。)

09.JPG
(丸一日硬化のための時間を置く。待つことも大事。)


完成した靴底は、表面がデコボコしていてなんだか見た目がよくありませんが、2〜3日歩きまわれば目立たなくなります。だいたい、靴底なんか周りの人には見えませんので、気にしてはいけません。



ビブラム vibram No.5350 ヒール ブラック/No.1サイズ 【靴底修理・交換用ヒール】

新品価格
¥910から
(2018/7/30 22:49時点)








タグ:DIY おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 22:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: