2018年08月14日

キュルキュル音の原因は?


マウンテンバイクで走行中に後輪周りからキュルキュルという微かな音が聞こえました。プーリーのグリス切れが原因です。

1.jpg
(自分にしか聞こえないキュルキュル音が・・。)


走行には全く影響ありませんが、そのまま放っておくと、すぐに音が大きくなって恥ずかしい思いをすることになるので、早めに対処することにしました。


プーリーには、テンションプーリー(下側)とガイドプーリー(上側)があります。外見は一緒ですが、それぞれ役割も構造も違うので、混同してはいけません。回転が良いだけの変な社外プーリーを使用することもお勧めしません。

2.JPG
(作業前にギアはトップに入れて、チェーンが一番張っていない状態にする。)


まず、テンションプーリーを外します。ホイールをつけたままでも作業できます。

3.JPG
(テンションプーリー(下側)は、ホイールをつけたままでも外せる。)

4.JPG
(外した状態。)


外して、掃除をして、グリスを詰め替えて、組み直す、という単純な作業です。掃除には、イソプロピルアルコールを使います。自転車の整備で使用するグリスは、汎用のリチウムグリスです。

5.JPG
(キッチン用除菌アルコールで代用。)

6.JPG
(ペーパータオルにアルコールをつけて掃除。)

7.JPG
(テンションプーリーの部品。軸受けはブッシング。)

8.JPG
(リチウムグリスをたっぷり詰める。)

9.JPG
(グリス入れ後。)

10.JPG
(プーリーを固定するネジには、中強度のネジ止剤をつける。)

11.JPG
(テンションプーリーの組付け完了。)


次に、ガイドプーリーについても、同じようにグリスの詰め替え作業を行います。ガイドプーリーを外すためには、ホイールを外した方が作業しやすいでしょう。

12.JPG
(ガイドプーリーを外すには、ホイールが邪魔だった。)

14.JPG
(ガイドプーリー。左右に1ミリ程度スライドする工夫が施されている。変な社外品に改造しないように。)

ついでに駆動系全体の掃除と注油も行いました。すぐにまた汚れてしまうでしょうが、整備とは終りのないものです。

15.JPG
(ホイール外したついでに、スプロケット周りを掃除。)

16.JPG
(完成・・と思ったが、また整備必要箇所を発見。整備は続く。)

17.JPG
(2018年8月14日、別の自転車で表六甲線を登る。殺人的猛暑。)


MOSSO FK-M5 26インチMTB用 アルミフロントフォーク 黒

新品価格
¥6,900から
(2018/8/14 12:49時点)




[TARO WORKS] サイクリング インナーキャップ サマーメッシュ 通気性 吸汗 速乾 ブラック

新品価格
¥880から
(2018/9/4 17:38時点)





タグ:自転車整備
posted by 司法書士 前田 at 12:43| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: