2018年08月19日

1×8(ワン・バイ・エイト)MTBにナロー・ワイド・リングを装着


単純で丈夫な自転車が私の好みです。今回は、そんな私の趣向にピッタリの部品交換を行います。ワン・バイ・エイト(フロント変速機なし、リア8段変速)のMTBに、近年急速に普及してきたナロー・ワイド形状のチェーンリングを装着するのです。

01.JPG
(私の趣向を形にすれば、1×8、フルリジッドのMTB。)


ワン・バイの自転車では、チェーン落ちを防止することが重要な課題です。通常はフロント・ディレイラーのケージがチェーンの暴れを抑制しているのに、ワン・バイの場合にはこれが無いからです。ナロー・ワイド形状のチェーンリングはチェーンのリンク形状に沿っているため、チェーン落ちを防止する効果が期待できます。

02.JPG
(これまでは、チェーンを、チェーンウォッチャーとバッシュガードで挟み込んで、チェーン落ち対策。)


最近、安価なナロー・ワイドのチェーンリングが出回るようになりました。老舗のパーツメーカーにとってはけしからんことでしょうが、私にとってはありがたいことです。

03.JPG
(今回装着する中国製のナロー・ワイド・リング。)

04.JPG
(既存のチェーンリング・ボルトが、固着して一つ外れないというトラブル。)

05.JPG
(工作用ルーターでボルトを破壊した。)


これまで使用してきたチェーンリングは、変速用ミドルリングで、歯が浅く、変速ピンもついています。つまり、チェーン落ちしやすい形だということです。これに対して、ナロー・ワイド・リングは、歯が深く、チェーンをしっかりと噛み込む形状をしています。

06.JPG
(右が変速用。左がワン・バイ専用のナロー・ワイド。違いは明白。歯数はどちらも32T。)


ワン・バイにするということは、チェーンリング(前側の歯車)の位置を変えずに、トップからローまでスプロケット(後側の歯車)全体を使うということです。チェーンがある程度ヨジれてしまうのは、ワン・バイの宿命です。

このため、チェーンリングの位置を、スプロケットの中間でチェーンラインが整う(チェーンが真っ直ぐになる)ように調整しなければなりません。私のMTBの場合、クランク(トリプル用)のミドル部分にチェーンリングを装着すれば、チェーンラインが整うはずです。

ところが、今回購入したナロー・ワイド・リングは、アウター部分にはポン付けできても、ミドル部分には付けられないようなサイズです。PCDが104mmといっても、アウターとミドルでは、微妙にサイズが異なるのです。そこで、クランクの干渉部分を0.5mm程度ずつ4箇所ヤスリで削ることにしました。

07.JPG
(アウター部には加工なしでピッタリ装着可能。しかし、これではチェーンラインが狂う。)

08.JPG
(重ねると、変速ミドル用のチェーンリングとのサイズの違い(〇部分)が分かる。)

09.JPG
(今では珍しいISIS規格のボトムブラケットとクランク。コッタレス抜き工具でクランクを外す。)

11.JPG
(干渉部分4箇所をヤスリで削る。)

12.JPG
(1箇所だけ削り終えたところ。あと3回繰り返す。)

13.JPG
(削り作業完了。装着できるようになった。)


ワン・バイの専用システムは、10速以上のものしか存在しません。そして、ナロー・ワイド形状のチェーンリングも、本来は10速以上を対象としたものです。しかし、薄歯のチェーンであれば、8速であろうが12速であろうが、ローラー幅は全て3/32インチ(厳密に言えば、シマノ9速以上のチェーンはローラー幅が若干狭い。)ですから、ナロー・ワイド・リングもピッタリと適合するはずです。全く問題ありません。

今回、バッシュガードを付けようか迷いましたが、結局、付けないことにしました。その方が、見た目がすっきりして、掃除しやすいという理由です。バッシュガードを付けない場合には、ダブル用ではなくてシングル用の短いチェーンリング・ボルトが必要になりますので、ご注意を。

15.JPG
(クランク周りが軽快になったと自己満足にひたる。一見何の変化もないようだけれど。)

16.JPG
(ビニールテープで応急のチェーンステイ・プロテクターのつもり。)

17.JPG
(8速用チェーンをしっかりと噛み込んでいる。安心感あり。)



チェーンリング 32T 104BCD Mutte MTB ナローワイド チェーンリング シングル (ブラック, アルミニウム合金)

新品価格
¥2,299から
(2018/8/19 09:56時点)







posted by 司法書士 前田 at 09:53| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: