2018年08月30日

レーパンが嫌だ!(ハーフパンツという選択)


自転車を趣味とするようになってから、かれこれもう20年経ちます。しかし、その間にたった一着だけ購入したレーパン(レーサーパンツ)は、タンスの肥やしになってしまいました。実は、私は、レーパンが大嫌いなのです。

私がレーパンを嫌いな理由は、次のとおりです。

・ 見た目(ピチピチ、モッコリ、後ろから見るとサルの尻)
・ 下着をつけないことに対する抵抗感

61KgTUJzwrL._SL1500_.jpg
(趣向の分かれるレーパン問題。)


あとは、以前に何度か、レーパンで前を走っている人の尻が透けて、いろいろ見えてしまっているのを目撃したため、それがトラウマになっているからかも知れません。別に、レーパンを履く人を中傷しようというつもりは毛頭ありません。100%私自身の趣向の問題です。スケスケのレーパンにしても、レーパンというウェアのカテゴリーが悪いというわけではなくて、たまたま目撃したレーパンの品質が悪かっただけでしょう。


そんな私がいつも自転車に乗る時に着用しているのは、ハーフパンツです。ハーフパンツなら、自転車を降りて散策するときにも、格好良くきまります(と自分では思っています)。しかし、ハーフパンツの中にも、自転車に適したモノ、そうでないモノ、いろいろです。そこで、今回は、私のハーフパンツ歴から導き出した、「良いハーフパンツの法則」を紹介します。


法則@:「裾丈(たけ)は膝まで」
ハーフパンツと言っても、丈の長さは様々です。しかし、自転車に乗るためであれば、丈はせいぜい膝まででなくてはなりません。丈が膝より長くなると、汗で皮膚にくっついた裾が引っ張られてしまって邪魔だからです。格好だけにとらわれて7分丈を選んではいけないということです。特に汗をかくような季節には、裾丈の重要さを実感します。


法則A:「速乾ストレッチ素材」
ナイロンやポリエステル等の渇きやすい素材をベースとして、ストレッチのきいたポリウレタン等を混合してあるものがベストです。天然素材はダメです。長時間ペダルをこいでいると、パンツの素材によって疲労や不快の度合いが全く違ってきてしまいます。

かつて、自転車ウェア専門メーカーの綿100%素材のコジャレたハーフパンツを使っていたことがありますが、汗でベタベタしてとても不便でした。汗で濡れる部分を中心とした色落ちも酷いものでした。綿混の生地にしても、その混合比率は35%が上限でしょう。専門メーカーが作っているモノだからと言って、綿や麻の混合比率の高いものは避けるべきです。一見格好良くても、スポーツをするのですから、機能性が伴っていなければ意味がありません。



法則B:「尻部分に適度な厚み」
速乾ストレッチだからといって、全体がジャージ素材ではダメです。柔らかすぎて、サドルが尻に突き刺さってしまうからです。尻部分がペラペラ薄すぎる素材のモノも、同じ理由でダメです。また、ペラペラなナイロン生地は、股間に汗染みが目だって恥ずかしい思いをします。

よって、尻部分には、適度な硬さと厚みが無くてはなりません。理想を言えば、太股(ふともも)を上下させる動きに適したパネル素材を組み合わせたようなハーフパンツが良いのです。ただし、パッドは不要です。パッド一体型(取り外し式のものも含め)のものは、パンツ本体の造りが雑であることが多いので避けたほうが良いでしょう。



結局、上の条件に最も合うものは、MTBショーツです。ただ、MTBショーツもピンキリです。これに関しては、ちゃんとしたメーカーのモノが優れています。非常に高価なのは難点です。ただ、怪しげなメーカーの安モノは、生地が薄すぎたり、縫製が粗すぎたりで、良いものがないという印象です。

Fox-Racing-Sergeant-Camo-Shorts-Baggy-Cycling-Shorts-Black-Camo-SS18-21471-247-28.jpg
(FOX製のMTBショーツ。カモ柄でカッコよい。)

自転車専用品以外では、TSデザイン「ハイブリッドストレッチショートパンツ」という作業用ズボンがおすすめです。これは細身なので、MTBショーツのシルエット(一般的に、裾が広がっている)が嫌いという人にもおすすめです。作業衣料専門メーカーが作っているだけあって、生地や縫製もしっかりしています。値段も手ごろです。登山用のハーフパンツにも似たものがありますが、夏用なので生地が薄すぎるモノが多いように思います。素材感を確認できない通販で買うのは気をつけましょう。もちろん、機能性では、MTBショーツのほうが上です。

71y0vIZYitL._SL1500_.jpg
(細身のシルエット。TSデザインの作業用ズボン。)


ハーフパンツは夏だけのモノではありません。寒い季節には、ハーフパンツの下にスポーツ用のスパッツを履けば、一年中格好良いと思うのです。


DAINESE(ダイネーゼ) HUCKER SHORTS 男性用 MTBダウンヒル向け 引き裂き強度に優れたロングパンツ 3769463 499 ブラック/イエロー M

新品価格
¥14,607から
(2018/8/30 15:02時点)




ミチオショップ 藤和 ハイブリッドストレッチメンズショートパンツ 846345 top shaleton 3L 95ブラック×ブラック

新品価格
¥4,410から
(2018/8/30 16:45時点)








posted by 司法書士 前田 at 15:09| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: