2018年09月24日

日陰のレビュー(タイヤ編:シンコーSR076/SR064)


レビューというと普通は最新商品が中心でしょうが、ここでは、私が自分で実際に使ってみてひそかに気に入っている割安自転車用品・部品を評します。今回は、shinko(シンコー)社のSR076です。


シンコー社は、日本ではあまり有名ではありませんが、コスパの高い自転車用タイヤを中心にオフロードオートバイ等のタイヤも供給しているメーカーとして、海外で一定の評価があります。大阪に本社を置く日本の会社ですが、中国工場での生産が主です。

丁度、tern社製link uno(ウノ)の後輪に2年使ったSR076のセンター部が擦り減って、さらに水はけ溝に沿って数カ所がヒビが入ってきました。そこで、また同じ銘柄に交換することにしました。

1.JPG
(ウノの後輪タイヤを交換。)

3.JPG
(センター溝が磨耗し、水はけ溝に沿って亀裂が。)


2年間におおよそ2000km強くらい走ってこの状態です。しかし、たった2000kmと思ったら大間違いです。ウノは、コースターブレーキ搭載車のため、駆動も制動も後輪だけで行わななければなりません。後輪タイヤにかかる負担は、前輪の比ではありません。前輪のキャリパーブレーキが一応ついていますが、飾り程度の制動力しかありません。最初(ウノの購入当初)から前輪に使用しているshwalbe社のcitizenが未だに5分くらい残っていることからも、前後輪タイヤの負担差が分かります。

2.JPG
(前輪には、ウノ購入当初からshwalbe社のcitizen。これも良いタイヤ。まだまだ使える。)

4.JPG
(コースターブレーキ車は、タイヤ交換にも手間がかかる。)

5.JPG
(使用前(左)と使用後(右)。コースターブレーキ搭載車の後タイヤへの負担は大きい。)


そして、最初に後輪タイヤにもついていたcitizenが、同程度の使用状況ですでにカーカス(繊維部分)まで大きくむき出しになっていたことを考慮すれば、摩耗に関する耐久性については、SR076の方が上だということでしょう。また、この2年間、SR076でパンクは一度もありませんでした。ただし、コンパウンドは劣化によるひび割れを生じやすい性質のもののようです。特に溝部分のゴムが薄いようで、最初にヒビ割れ始めるのはここからです。

6.JPG
(新タイヤ装着完了。安価な小径タイヤは、日頃の足として使うには最高。)


グリップ性能及び転がりに関しては、普通の街乗りには必要十分です。ウェット路面でも、滑ったりすることもありません。


最高空気圧40psiのため、ロードバイク等の高圧タイヤに慣れている人にとっては、スリックタイヤといってもダルく感じるかも知れません。しかし、SR076は、もともと高速で走るようなタイヤではありません。30psiくらいで快適に走るのに適したものです。


SR076は、14インチから20インチまで2インチ刻みでラインナップされている点も、小径車乗りにとっては有難いところです。ただし、SR076の20インチは、ETRTO規格の406サイズです。451サイズはありません。また、26インチのマウンテンバイク用スリックとしてはSR064があり、SR076とほぼ同じ性質のタイヤです。SR064の方は、径が大きいだけに、多少重量が気になるところです。ま、重量を気にするような人は、このタイヤを選択しないでしょうが。

・ 耐久性  ★★★★
・ 走行性能 ★★★
・ 価格   ★★★★★


7.JPG
(9月24日、マウンテンバイクで六甲山を登る。涼しくなり、走りやすい季節。)



シンコー スリックタイヤ SR-076/20×1.5 ブラック Y-2034

新品価格
¥1,200から
(2018/9/24 21:16時点)




リンエイ シンコー MTB用スリックタイヤ 前後輪セット 26*1.95 H/E ブラック SR-064 602-00212

新品価格
¥3,500から
(2018/9/24 21:19時点)



(他の選択肢に比べて半額とは、驚き。)


posted by 司法書士 前田 at 21:21| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: