2019年06月22日

ノドを潤せ!(ボトルケージ取付部品をDIY)


夏にボトル(水筒)を持たずにサイクリングに出かけるのは危険です。風が当たって何となく涼しい感覚でいると、気づかないうちに身体の水分が不足して、深部体温が上昇してしまっているということになりかねません。

ところが、私のAuthorのマウンテンバイクは、フレーム前三角が狭すぎて、ボトルを取り付ける余裕がありません(一応ボトルケージ取付用のリブナットが有るには有るのですが・・。)。

1.JPG
(狭くてボトルの格納場所には不適。)

そこで、今回、取り外し可能なボトルケージ取付部品を自作してみることにしたのです。

まずは、ハンドルバーにつけてみました。ボトルを抜き挿しするには良さそうです。ママチャリで同じようにしている人をたまに見かけます。

2.JPG
(取り易いという点では良いが・・。)

しかし、坂道を登り始めると、これが結構不便であることに気づきます。勾配のキツイ区間で重心を前にしてダンシングすると、ボトルが上半身に当たります。さらに、ハンドルの片側に750g超もの重りがついているわけですから、当然、ハンドリングが気持ち悪いったらありゃしません。即刻、ボツです。

3.JPG
(ハンドルに重量物を取り付けるべきでは有りません。当然。)

次に考えたのは、サドル下(シートポスト)です。重量配分的には、ここがベストでしょう。

4.JPG
(長年ため込んだ余分なプラスチック部品を再利用。)

5.JPG
(「あっ!」という間に完成。)


ちょっとサドルにまたがってペダルを動かしてみましたが、どこにも干渉することはありません。使い勝手も良さそうです。これで、夏を乗り切れます。めでたし、めでたし。

6.JPG
(サドル下ならボトルの抜き挿しも、ペダリングも問題なし。)

IMG_2392.JPG
(2019年6月23日追加写真:使い勝手を実証。)

IMG_2393.JPG
(2019年6月23日追加写真:サドルバッグとも共存。)




CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムチル 自転車用保冷保温ボトル 保冷効果2倍 710ml(24oz) カスタム ブラック/ブラック 18892129

新品価格
¥1,895から
(2019/6/22 18:38時点)




Runacc サイクルボトルケージ 自転車用ボトルホルダー ドリンクホルダー クランプ式 調整可能 ブラック

新品価格
¥1,038から
(2019/6/22 18:39時点)




PIKANCHI ステンレススチール スポーツ ウォーターボトル 広口 ドリンクボトル アウトドア キャンプ 750ML

新品価格
¥999から
(2019/7/23 15:44時点)










posted by 司法書士 前田 at 18:39| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: