2018年05月18日

デジタル腕時計で行こう!(電池交換手順等いろいろ)


1 スプーンがやって来た!
最近急にデジタル腕時計が欲しくなって探していたら、ジャンク(故障品)という「スプーン」(SEIKO ALBA SPOON INGOT W620-4140)に目が留まりました。

1982年、中学校に入学した私が、叔父さんからもらった人生初の腕時計も、ALBAのデジタル腕時計でした。そこで、なにやらこのスプーンに縁を感じ、故障していることを知りながら、手に入れてしまいました。

スプーンは、1995年に発売されるや1年で100万本を売り上げる大ヒットを記録したという有名な腕時計です。そういえば、当時、街中にはスプーンをはめた若者がウジャウジャいたものです。デザインが最初から完成され過ぎていたためか、シリーズが続かず、流行も短命に終わってしまいました。その後、一時期、SEIKO WIRED (ALBAの後継ブランド)から、スプーンが復刻されましたが、あまり大きな話題にはならなかったみたいです。
1more_aqgm005_1.jpg

今回、私の手に入れたスプーンは、普及型(プラスチック製)ではなく、総ステンレス製の高級バージョンです。
1.JPG

時計の状態は、一見すると、新品に近い美しさ。わずかな傷があるくらいで、日常的な使用の形跡がありません。

ところが、外見とは裏腹に、前オーナーが電池を入れたばかりという割には、液晶の時刻表示が薄く、絶えず点滅を繰り返しています。さらに、バックライトも点灯しません。これは、本当に、ジャンクなのでしょうか?


2 電池を入れ直してみる
動作不良の原因について手掛かりを得るために、とりあえず、正しい手順で電池を入れ直してみることにしました。

まず、邪魔なブレスレットを外します。
2.JPG

このタイプの裏ブタは、ケースと蓋の間にナイフの刃先を入れてこじ開けます。よく見ないと分かりづらいですが、裏ブタの一か所にわずかな隙間が作ってあります。刃先を入れるのはそこです。
3.JPG

フタが開きました。
4.JPG

電池を押さえているバネを外せば、電池が取り外せます。指紋等をつけないように、ピンセット等を使って作業します。ただし、ピンセットでボタン電池を扱うときは、電池の側面をつかむように注意しましょう。+極と−極をつかんでしまうと、電池がショートして液漏れの原因になることがあるからです。
5.JPG

デジタル腕時計のほとんどは、電池交換したら「リセット」が必要です。リセット方法の主流は、AC(All Clear リセットという意味)と記載された端子(ドライバーの先の〇印)と電池の+極をショート(導通)させるというものです。機種によって若干やり方が異なります。
6.JPG

金属製のピンセットを使ってリセットを行います。うまくリセットされると、液晶表示が初期値に戻ります。このスプーンの場合、「1-1 94 12:00」が表示されました。リセット完了です。
7.JPG

裏ブタを元通りに戻して、正しい手順での電池の入れ直しが完了しました。ちなみに、防水のためのOリング(=パッキン)にはシリコングリスを薄く塗布してあります。




2 動作不良の原因は
電池を正しい方法で入れ直して、正常動作を回復・・・とはいきませんでした。相変わらず、液晶表示は点滅していますし、バックライトも点灯しません。

点いた!
8.JPG

消えた!
9.JPG

しかし、そんな状態でも時間を確認する程度に使用することはできるため、しばらくそのまま使いながら動作状況を観察してみることにしました。その結果、大事なことが分かりました。

それは、03:00〜05:59に時刻表示が点滅して、06:00〜06:59に正常動作に戻り、07:00〜09:59にまた時刻表示が点滅し、10:00〜10:59に正常動作に戻り・・というパターンを繰り返しているということです。

故障している時計にしては、このパターンは律儀すぎます。そこで、この液晶点滅は、故障ではなくて、電池残量警告機能なのではないかという疑いが湧いてきました。

この疑いを確認するため、バックライトのスイッチをしばらく押しっぱなしにしてみました。すると、バックライトはもちろん点灯しませんが、液晶表示まで薄くなって消えてしまうことが分かりました。これは、電圧が低すぎることを示しています。間違いなく、電池の残量不足です。

結局、新しい電池を買ってきて、交換しました。
10.JPG

その結果、液晶の点滅はなくなり、ELバックライトも点灯するようになりました。その他、全ての機能が正常に動作します。めでたし、めでたし。
11.JPG



3 その他
上のことから、このスプーンには、電池残量不足警告機能が備わっているということが分かりました。充電式の時計(ソーラーやキネティクス)には残量警告機能がついているものが多いですが、普通の電池式の腕時計にそんな機能がついているのですね。

さらにいろいろとスプーンをいじっていると、リセットが、上で紹介した方法だけではないということも分かりました。このスプーンの場合、側面の4つのボタンを同時に長押しするとリセットされるようになっています。

また、(1)時刻・日付・曜日、(2)クロノグラフ、(3)ペースカウンター、(4)カウントダウンタイマー、(5)アラームの各モードがあることや、その使用方法も知ることができました。さすがデジタル時計、機能豊富です。

ところで、上の写真の一枚に、撮影後、間違いがあることに気づきました。次の写真の←印の先には小さなスプリングがありますが、本来このスプリングは、左隣の穴(〇印)に収まるべきものです。誰も気づかないでしょうが、一応・・。
7-2.JPG


このスプーンは、これから末永く活躍してくれることでしょう。




タグ:おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 12:07| Comment(0) | 日記

2018年04月26日

ローファーの「かかと抜け」防止

気温が高くなって、ローファーを履くことが多くなりました。ローファーと言えば、かつて女子高生かオジサンの履物というイメージでしたが、最近は性別・世代を問わず人気です。
logan_01.jpg
(G.H.Bussのペニーローファー。定番中の定番。)

ところが、ローファーは、サイズ合わせが最も難しいタイプの靴です。紐がないうえに、履き口が広くかかとが浅いデザインであるために、サイズ数ミリの違いで、かかとがパカパカと抜けやすいのです。

スリッパみたいにローファーを履いて歩いている人をたまに見かけますが、とてもだらしなく見えます。まさにloafer「怠け者」ということです。そこで、今回は、簡単にできるローファーのかかと抜け防止対策を紹介してみましょう。



1 靴下を履く
くるぶしを出して革靴を履くのが流行していますが、裸足でローファーを履いてはいけません。裸足は、ローファーに限らず、革靴の作法に反します。
image1 (7).jpeg
(愛用のリーガル製ペニーローファー。靴下は緑色・・。)

ローファーのかかと抜けに関連して靴下を履くことの意味は、次の点にあります。

・靴下+裸足=正しい靴サイズ
・靴擦れ防止
・生地の摩擦による足の安定


2 反り(そり)を出す
ヒトの足は、歩行に際して、指のつけ根の辺りを中心として土踏まずのアーチと反対方向に屈曲し(=「反り」)ます。そして、靴も同じ構造をしています。つまり、歩きやすい靴というのは、足の動きにシンクロする靴ということです。
image1 (6).jpeg
(擦り減った靴底にハーフソール。・・反りが悪くなった。)

新しい靴は硬いので、履き下ろす前に、手で思いっきりグイグイと曲げ伸ばしする必要があります。これは、一見、乱暴ですが、やって構いません。靴はそういう扱いに耐えるように作られているのです。もちろん、お店の展示靴にやってはいけません。
image1 (4).jpeg
(グイグイ、グイグイ。)
image1 (5).jpeg
(グイグイ後・・。)

新品でなくとも反りの悪い靴にも、同じようにグイグイやれば、履き心地が劇的に改善することがあります。私のローファーのように、ゴム製のハーフソールで修理した場合、靴底が硬くなってしまうので、グイグイとやる必要があります。

反りが良くなれば、ローファーが足の動きにシンクロして、かかとが抜けにくくなります。


3 中敷きとパッドを貼る
足が前に滑ってしまうと、靴のかかとに隙間ができて抜けやすくなってしまいます。このようなときには、半サイズ(前側半分)の中敷きを貼るのがお勧めです。適度な摩擦と調湿性のある革製の中敷きがお勧めです。フルサイズの中敷きは、ただでさえ浅いローファーのかかとをさらに浅くしてしまうので逆効果です。

半サイズ中敷きを貼っても足が前に滑ってしまう場合には、タン(舌)部の裏にパッドを貼りつけるのもお勧めです。上下から足を押さえて固定するということです。
image1 (3).jpeg
(下に中敷き、舌にパッド。)

それでもかかとがパカパカ抜けてしまうという場合には、かかと部にパッドを貼り付けます。かかと部全体を覆うようにパッドを貼ると、靴内側の前後長が短くなってしまいます。そこで、前後長を変えたくないのであれば、かかとの左右にだけパッドを貼りつけるのが良いでしょう。かかとを左右からつまんで固定するイメージです。
image1.jpeg
(かかとの内側にいろいろ貼ってあります。)

中敷きやパッド等の材料は100円ショップでも揃います。形や大きさが市販のものではシックリこない場合、ハサミで切る等して工夫してみてください。

パッドを貼った靴の内側はあまり美しくありませんが、だらしない歩き方をするよりは100万倍ましでしょう。また、以上の対策は、外反母趾や内反小趾の防止にも役立ちます。ローファーに限らず、無理して痛い靴を履いているのであれば、ぜひ試してみてください。
image1 (1).jpeg
(座敷に上がるときはちょっと恥ずかしいかもね。)



タグ:DIY おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 15:40| Comment(0) | 日記

2018年02月11日

大きな頭で行こう!(帽子ストレッチャーをDIY)

頭が微妙に大きい(頭周59.5cm)私にとって、アジア男性平均サイズ(58±1cm)の帽子は困ったものです。デザインが気に入って購入したものの、小さすぎて被れない帽子もいくつか持っています。サイズの合わない帽子は、額にくっきり痕がつくだけでなく、頭痛の原因にもなります。

そこで今回は、自作の帽子ストレッチャーで、きつい帽子をサイズアップしてみることにしたのです。


帽子ストレッチャーといえば、Hat Jackです。これと同じ仕組みのものを自作します。
51KY0wtxVjL._UL1500_.jpg

用意する材料は、「ターンバックル」と言われる金具とカマボコ板5枚です。サイズアップしたいのは、umii908(ウミキューゼロハチ)ブランドのウール100%(ヘッドバンドと裏地は綿100%)ハンチング帽です。
1.jpeg

まず、完成品をイメージしてカマボコ板を木工用ボンドで接着し、その後、釘で固定します。
2.jpeg

ヘッドバンドにあたる部分を、ナイフで丸く削ります。完璧を求める人は、ヤスリで滑らかに仕上げてもよいでしょう。
3.jpeg

購入したターンバックルのサイズがちょっと大きすぎました。そこで、片方のフックを切断して、長さを調整することにしました。
4.jpeg

帽子のヘッドバンド部分をファブリーズで湿らせて、少しずつ伸ばします。湿気によって一旦繊維の結合を緩めて伸びやすくするのです。スチームアイロンを使っても良いし、沸騰したやかんの口から出る蒸気を当てても良いでしょう。
6.jpg

帽子にストレッチャーをはめたまま、4〜5時間放置すれば完成です。試しに被ってみましたが、オーダーメイド品かと思うほどのフィット感です。
7.jpeg

ユニクロのスウェット生地ハンチングもサイズアップしました。帽子の素材にもよりますが、この方法で+1cmくらいまでのサイズアップが可能です。天然素材は、空気中の湿気を吸収排出したり、洗濯したりすると縮んでしまうことがありますが、その時にはまたストレッチャーでサイズを調整すればよいでしょう。
8.jpeg

費用対効果: ターンバックル 299円(税抜)
       カマボコ板    0円
       満足度     priceless




タグ:DIY おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 15:50| Comment(0) | 日記

2017年09月12日

70年代クォーツ時計の価値

ある物が「ガラクタ」に過ぎないのか「価値あるもの」なのかは、それを見る人の心の問題だと思います。つまり、価値というのは、物自体の中に最初から存在するのではなくて、その物に向き合った人の心の中に生まれるということです。

今回は、私のクォーツ時計3本を紹介してみたいと思います。予め断っておきますが、私は別に時計マニアではないので、ここに紹介するのはコレクション品ではなくて、毎日順繰りに使っている実用品です。時計について専門的な知識があるわけでもありません。
01.JPG
(70年代のクォーツ時計。全て稼動する実用品です。)


1 セイコー「38クォーツ」
セイコーが1969年に世界に先駆けてクォーツ腕時計を市販化してから、わずか2年後、腕時計市場の拡大のために世に送り出したのが「38」の型番から始まるムーブメントを持った一連の腕時計「38クォーツ」です。
02.JPG
(金ケースの38クォーツ。セイコーらしい形。)

私のQRは、38クォーツの中でも一番低価格帯のシリーズです。時期で言えば、1973年か1974年のものでしょう。低価格と言っても、発売当時は大卒の初任給相当の額です。クォーツ時計は、今でこそ「安物」とか「大量生産」とかのイメージで見られがちですが、当時の機械式の高級ライン「グランドセイコー」や「キングセイコー」に並ぶほど高価なものでした。

時計の造りもしっかりしています。秒針をじっと見つめていると、職人さんが丁寧に組み立てていたことが伝わってきます。半世紀近く前の腕時計が、今でも正確な時を刻んでいるのですから、良いものでないわけがありません。
03.JPG
(ケースはかなりぶ厚い。現在の薄いクォーツとは別物。)

38クォーツの特徴の一つは、裏側に飛び出た「ヘソ」です。ヘソの部分には電池が入っています。ケースの中に大きな電子部品を入れたら、電池を格納するスペースが足りなくなってしまったわけです。こんなにヘソが出っ張っているのに、腕に装着すると、不思議とヘソの存在は忘れてしまいます。
04.JPG
(飛び出たヘソは、電池交換しやすくて便利。)

ケースサイズは37mm×40mm×12mm、冠幅は18mm(ヘソ、竜頭を含まず)です。金メッキのケースに一番似合うのは茶色の革ストラップだと思いますが、汗をかく季節の間は通気性を優先してNATOストラップ(20mm)をつけています。冠幅よりも太いストラップをつけているのは、その方が見た目のバランスが良いからです。


2 リコー「570系リクォーツ」
コピー機のメーカーとして有名なリコーは、実は、世界でも希少な内製(in-house)ムーブメントを持つ老舗の時計メーカーです。70年代、リコーのクォーツ時計は「リクォーツ」というブランド名を冠していました。リコーは、国内ではセイコーに次いで、1971年にクォーツ腕時計(550系)を市販化しました。
05.JPG
(シンプルな三針の時計。よく見れば秀逸なデザイン。)

570系のムーブメントは、550系の後継機です。570系リクォーツには意匠の凝ったものが多いなかで、私のリクォーツはとてもシンプルです。日付表示すらありません。しかし、文字盤は牡丹雪が積もったような立体感があり、よくよく見ると凝った造りであることが分かります。時期は、1974年か1975年でしょう。

電子部品が大きいため、現代のクォーツ時計に比べると、ケースが分厚いのが特徴です。牛乳瓶の底のような飛び出した風防(ガラス)にも妙味があります。また、時刻合わせを頻繁に行う必要がないため、竜頭は小さく、4時位置に埋まるように設置されています。ケースサイズは38mm×42mm×12.5mm、冠幅は18mmです。これも汗対策でNATOストラップ(20mm)をつけています。革ストラップやミラネーゼ(ステンレスメッシュのベルト)も似合います。
06.JPG
(ぶ厚いケースの中には、電子部品がギュっと詰まっている。)


3 リコー「590系リクォーツ」
590系のムーブメントは、570系の後継機です。時期は1976年〜1978年くらいでしょう。
07.JPG
(楕円のユニークな文字盤。ダイヤハードガラスが綺麗。)

このリクォーツは、前記570系のデザインを引き継いでおりシンプルですが、楕円形の文字盤が特徴的です。また、590系の多くには「ダイヤハードガラス」という硬い特殊ガラスが採用されており、風防が薄くなっています。このため、風防にはほとんど傷がなく、40年近く前の腕時計とは思えないほど透明感があります。
08.JPG
(電子部品の小型化のおかげで、ケースが薄く、小型に。)

590系では電子部品の小型化が進み、ケースは現代のクォーツ時計の薄さに近づきました。ケースサイズは37mm×37mm×10mm(竜頭含まず)、冠幅は18mmです。これも汗対策でNATOストラップ(20mm)をつけています。文字盤の形が面白いので、ポップな色彩のNATOでも似合ってしまいます。もちろん革ストラップも似合います。



実は、上で紹介した570系リクォーツは、原因は不明ですが最近まで動いていませんでした。ところが、ダメもとでリコーに修理を依頼したところ、見事復活して戻って来たのです。古いクォーツ時計は、すでにメーカーにも部品がないので、基幹部品に致命的な故障が生じれば、もう修理できません。私は運が良かったのでしょう。

実用上は時間を確認するためだけの道具ですが、私は、これらの時計を見つめる度にとても楽しい気持ちになります。物の価値とは、そういうものなのでしょう。
タグ:おしゃれ
posted by 司法書士 前田 at 23:28| Comment(0) | 日記

2017年09月02日

トイレトレーニングの踏台を作ってみよう

今回は唐突ですが、子供のトイレトレーニング用の踏台を作ってみることにしました。別に設計図があるわけではありません。製作手順は、写真でどうそ。


1 材料
材料は主に1×4材と2×4材というDIY好きにはお馴染みのものです。1×4材は、天板と補強部品として使います。2×4材は脚になります。板の他にも、L字金具(脚を補強するため)、木ネジや木工ボンド等が必要です。材料費は、全部で1500円程度です。
01.JPG
(材料はどこのホームセンターでも買えるようなものばかり)

踏台の天板の大きさを60cm×36cm、高さを23cmというラフな完成図を頭の中で描いてホームセンターに材料を買い出しに行きます。材料を買ったついでに、ホームセンターで木材を都合の良い大きさにカットしてもらいます。1×4材の60cmの板を4本、同じく40cmの板を4本切ってもらい、あとの部材は自分でノコギリを使って切り出すことにしました。
02.JPG
(木材を切るのは結構しんどい作業)
05.JPG
(切断した木が割れてしまわないように気を使います)

私と違って、きちんと設計図を描いてから材料を買いに行くのであれば、必要な部材は全てホームセンターで切り出してもらうのが賢いやり方です。素人にとっては、板を真っ直ぐ切るということが最大の難関だからです。時間と労力の大幅な節約にもなります。
06.JPG
(脚4本の長さを合わせるのは至難の業)


2 製作
天板はコの字になるようにします。これは、便器がスッポリはまるようにするためです。開口部は36cm程度です。さらに、便器の先端がはまる部分は、曲線ではなくて直線を基調としたデザインにすべきでしょう。その方が作り易く、仕上がりが綺麗になるからです。
03.JPG
(天板はコの字、開口部は36cm)
04.JPG
(天板の裏。ネジや釘は表側からなるべく見えないようにする)
07.JPG
(ヤスリで角を落として仕上げ)


3 完成
思いついてから完成まで5〜6時間と言ったところでしょうか。ノコギリで木材を切るというのは時間がかかるものです。暑い季節にそんな作業をして、完成した頃にはくたくたでした。
08.JPG
(完成!)
09.JPG
(開口部はこんな感じです)
10.JPG
(上から)
11.JPG
(便器に上手くはまっています)
タグ:DIY
posted by 司法書士 前田 at 22:57| Comment(0) | 日記