2017年02月13日

ハーフソールしてみよう!

 ヤフオクで格安に手に入れた新品同様の黒いキャップトゥ(ストレートチップ)のオックスフォード(内羽式)。エレガントな長めのトゥボックス、ブレークスティッチ(マッケイ)製法のレザーソールです。ただ、格好良い反面、あまり実用的ではありません。

 そこで、今回は、靴底の耐久性を上げ、雨でも滑らないようにするために、靴底にゴム製のハーフソール(半貼)を取り付けてみることにしました。
01.JPG
(実用には上品過ぎるかな・・。)



1 材料・道具
 使用するのは、近所のホームセンターで買ったハーフソールです。その他に用意するものは、次のとおり。

・ゴム系接着剤
・硬い筆
・マスキングテープ
・細マジック
・紙やすり(粗目)
・ゴム槌か金槌
・カッター
02.JPG
(ハーフソール用のゴム板。接着剤はコニシのG17がおすすめ。)



2 工程
(1) 目印をつける
 靴底にハーフソールをあてて、完成形をイメージしながら、マスキングテープとマジックで目印をつけます。当たり前ですが、大事な作業です。
03.JPG
(マスキングテープで、張る位置を決める。)
04.JPG
(ハーフソール側にも目印を。)


(2) 下地処理(足付け)
 ハーフソールを張る部分の靴底を、粗目(80〜120番くらい)の紙やすりを使って削ります。これは、表面積を増やすことによって、接着剤の食い付きをよくするためです。仕上がりの良し悪しは、8割方この作業で決まりますので、じっくり時間をかけて削ります。特に端の部分は剥がれやすいので、丁寧に表面を削っておきます。

 削った表面は、消毒用アルコールなどで拭いて、削りカスを残さないようにします。水拭きしても構いませんが、その場合には、次の工程に入る前に十分乾燥させる必要があります。

 また、ハーフソールの接着面がツルツルしている場合には、そちらも紙やすりで同様に処理しておく必要があります。今回使用したハーフソールの接着面は、もともとザラザラしていたので、そのまま、紙やすりをかけずに使用しました。
05.JPG
(接着剤を塗る部分の下地処理が成功の鍵。)


(3) 接着
 接着剤は、靴底の側にも、ハーフソールの側にも、塗ります。

 接着剤を延ばすときには、中心から外側に向かって延ばしていきます。このとき、硬目の筆(なければ、使い古しの歯ブラシでも可)を使うと、接着剤を薄く均一に延ばすことができます。
06.JPG
(薄く均一に接着剤を延ばす。淵付近を丁寧に作業。)

 接着剤を塗り終わったら、そのまま、15〜30分程度放置して、接着剤中の溶剤を飛ばし(揮発させ)ます。注意すべきは、接着剤を塗って直ぐにハーフソールを貼り付けてはいけないということです。接着剤の表面が、指で触ってもくっつかなくなる程度まで乾燥させてから貼り付けるのが正しい使用方法です。
07.JPG
(15分〜30分程度乾燥させます。すぐ貼り合わせたらダメです。)

 ハーフソールを貼りあわせたら、ゴム槌でたたいて、靴底に圧着します。専用の金台があればそれを使うに越したことはありません。接着剤の間に入った空気を残らず追い出すつもりで根気良くたたき続けます。
08.JPG
(位置を合わせて貼り合わせる。)
09.JPG
(最初は指で押して圧力をかけ・・。)
10.JPG
(ゴム槌でしつこくたたいて圧着。)
7509001091.jpg
(専用の金台は、一家に一台?)


(4) 仕上げ
 圧着後、2〜3時間経過してから、ハーフソールの余分なゴムを、カッターで切り取ります。カッターの刃をスムーズに動かすのがコツです。刃を途中で止めたり、上下前後に動かしたりすると、切り口(靴底のコバになる)が乱れてしまいます。切り口が乱れてしまった時は、後から紙やすりで修正する必要があります。
11.JPG
(コバ(小端)からはみ出た余分なゴムをカッターで切り取ります。)

 今回は、ハーフソールの剥がれ防止をかねて、真鍮製の飾り釘を打ってみました。ついでに、踵にも、ささやかな磨耗対策として飾り釘を打ってみました。我ながら、美しい仕上がりだと思います。
12.JPG
(控えめな飾り釘が美しい!)
13.JPG
(上から見ただけでは、ハーフソールを貼ったことは分かりません。)
14.JPG
(近くから見ても、コバが綺麗に仕上がりました。)



 履きおろす前にこのような処置をしておくと、靴の寿命を飛躍的に伸ばすことができます。ハーフソールが磨り減ったら、何度でもハーフソールだけ張り替えることが可能です。つまり、アッパー(甲革)を綺麗な状態に維持してさえいれば、10年でも20年でも同じ靴を使い続けることができるというわけです。

 これに対して、ブレークスティッチで接合された靴底自体が磨り減ってしまったら、ほとんどの場合、買い換えざるを得ないでしょう。もったいない話です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017.03.12追記
IMG_0090.JPG
(スエードのチェルシーブーツもハーフソール)

 レザーソールとヒールがやや擦り減っていたチェルシーブーツを補修しました。こちらもハーフソール。ヒールは、トップリフト交換にはまだ早いので、セメダイン社の「シューズドクター」での応急処置です。

 これらは、丁寧にやりさえすれば、素人でも綺麗に仕上げることのできる作業です。毎日のように使うものは、靴に限らず、自分で手入れするのが良いですね。

 


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 06:31| Comment(0) | 日記

2016年10月29日

カレンダーの台座をDIY

 来年のカレンダーを準備する時期になりました。カレンダーは、目立つ位置に貼って毎日見るものなので、インテリアの一部として見た目も大切です。

 そこで今回は、オシャレさん達に人気だと噂の「北の住まい設計社」製の台座付カレンダーを参考にして、先ずはカレンダーの台座を作ってみましょう。
001北の住まい設計社.jpg
(「北の住まい設計社」のカレンダー。)


 ここからは、写真と共にどうぞ。
 
 設計図はありませんが、A3の画用紙を使ってカレンダーのリフィルを作るつもりなので、完成する台座の大きさは30cm×30cmと決めました。そのイメージに合わせて、近所のホームセンターで材料をそろえます。薄いヒノキの板等を買いました。
002.JPG

 ノコギリで木材を真っ直ぐに切るのは難しい作業のひとつです。プラスチックの板をガイド(あて木)にして切断します。
003.JPG

 部品完成。次は組み立てです。
004.JPG

 ボンドで部品を仮止めします。先ずは、台座の裏側につけるフレームを接着します。フレームをつけると高級感が増すだけではなくて、木材が反ったり割れたりするのを防ぐことが出来ます。釘は、真鍮製の飾り釘です。
005.JPG

006.JPG

 カレンダーリフィルを固定する位置に穴を開けます。一般的な穴あけパンチと同じサイズの穴2つです。
007.JPG

008.JPG
(切断面のバリは、サンドペーパーで平滑にします。)

 台座の裏側には、ナットを埋め込んで、瞬間接着剤で固定します。表からは、リフィルを、指で回せるネジで固定するのです。
009.JPG

010.JPG
(表側。指で回せるネジ。)

011.JPG
(裏側。ナットが埋め込まれ、固定された。)

 ネジが外側から見えないようにフラップ(蓋)を作ります。ネジのあたる部分に窪みを掘っておくと、仕上がりが綺麗です。
012.JPG
(ドリルや彫刻刀が手近になかったため、工作用ルーターで穴を掘る。)

013.JPG
(ネジ頭の納まる窪みが完成。)

014.JPG
(蝶番で台座とフラップを連結。)

 部品が組みあがった後は、120番程度のサンドペーパーで、角を丸めたり、木材同士の段差を揃えたりすれば完成です。水性ニスを塗っても良いでしょうが、当面このままで使ってみようと思います。
完成1.JPG
(表)
完成3.JPG
(裏)
完成5.JPG
(フラップの角を丸めてあります。)

 材料費:1500円くらい
 完成品の価値:priceless

 リフィルを作ったら、写真を追加します。またね。

IMG_0006.jpg
(2017.02.10写真追加。使用中のカレンダー。)

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


posted by 司法書士 前田 at 10:15| Comment(2) | 日記

2016年09月18日

ひとりでできるもん:ニラ饅頭(2016.09.17の夕食より)

 諸事情により、以前ほど気楽に自転車いじりをすることが出来なくなりました。そこで、今回は、自転車をいじる代わりに、美味いと評判のレシピを参考にして、ニラ饅頭を作ってみることにしたのです。


1. 基本レシピ
 参考にしたのは、「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」HPに掲載されていた、ニラ饅頭のレシピ(http://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/p20020416.html 下記)です。ニラ饅頭のレシピの中でも、これが一番らしいです。
無題.png

 しかし、今回は、冷蔵庫に残った大量のニラを処分するため、このレシピよりも分量を1.5倍増しにして、むきエビの代わりに、冷蔵庫に同じく残っていたイカの切り身を使ってみました。豚バラ肉の代わりは、豚コマ肉です。


2. 工程
 ここからは、写真とともにどうぞ。

 薄力粉150gと片栗粉30gに、熱湯75gを加えてよく練り合わせ、饅頭の皮の生地を作ります。
IMG_0094.JPG

 練り合わさった生地は、ラップをかけて、冷えるまで放置します。

 生地が冷えるのを待つ間に、ニラをみじん切りにし、フライパンで乾煎りします。ニラを乾煎りするのは、水分を飛ばすためです。饅頭の具にしたニラから水分が出てしまうと、べチャべチャの饅頭になってしまうのだそうです。煎ったニラは、粗熱がとれるまで放置します。
IMG_0097.JPG

IMG_0109.JPG

 豚肉とイカを細切れにして、塩(小さじ1/2くらい)、砂糖(小さじ1/2くらい)、黒コショウ(適当)、片栗粉(小さじ1+1/2)と胡麻油(小さじ1+1/2)、さらに粗熱を取ったニラを加えて、よく混ぜます。饅頭の具です。
IMG_0110.JPG

IMG_0116.JPG

IMG_0118.JPG

 皮生地を、強力粉で打ち粉をして、整形しやすくなるまで練り、適当な大きさに分けます。
IMG_0121.JPG

 麺棒や指を使って、適当な薄さに生地を伸ばしたら、具を入れて包んでいきます。
IMG_0122.JPG

IMG_0126.JPG

 フライパンに饅頭をならべたら、熱湯を饅頭の半分の高さまで注ぎ、強火で蓋をして、水がなくなるまで蒸し焼きにします。
IMG_0130.JPG

IMG_0133.JPG

IMG_0134.JPG

 水がなくなったら、油を回し入れて、適当な焦げ目が付くまで、焼きます。
IMG_0135.JPG

 裏返して、反対側にも焦げ目がつくまで焼きます。
IMG_0139.JPG

 たれは、醤油と寿司酢を1:1の割合、これにめんつゆと胡麻油(又はラー油)を適当に加えて作ります。
IMG_0142.JPG

 あっという間に完食しました。

 実は、饅頭を焼いている間、洗い物に夢中になっていたら、かなり真っ黒にこげたのだけどね。それでも美味かった。
IMG_0140.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 10:49| Comment(0) | 日記

2016年03月03日

電子政府への道のりは・・(e-Taxソフトを使ってみた感想)

 確定申告の時期です。「今年こそは、e-Taxを使ってみようか」なんて、軽い気持ちで試してみたのですが、予想以上に大変で・・。
computer_manual_man.png


1. e-Taxを試してみようか?
 行政の簡素化を目指すための一つの手段として、行政機能のうちの多くをオンライン化してしまうという方法があります。いわゆる「電子政府」とは、このようなことを指します。活用場面をちょっと具体的に想像してみるだけでも、電子政府には多くのメリットがありそうだと感じます。例えば、自宅のパソコンから行政サービスにアクセスすることが出来れば、市民にとっては、わざわざ役所に出向いて行くという大きな手間を省くことが出来ます。一方、行政にとっては、データ入力、照合、管理等の労力を大幅に削減することが出来ます。
zei_etax.png

 司法書士である私は、すでに長い間、登記(不動産、商業等)のオンライン申請を行ってきました。しかし、この制度は、創設当初予想されていたのとは違って、一般の市民の間に普及することはありませんでした。その理由は簡単です。わざわざオンライン申請のための準備(電子証明書取得や専用ソフトのインストール等)をする手間と費用をかけても良い(=メリットが勝る)と考える人達は、登記申請を仕事にしている司法書士くらいしかいないからです。

 一方、所得税の確定申告は、登記申請と違って、多くの市民にとって馴染みのある手続きであり、オンライン化のメリットはとても大きく、その影響も広範であると言えるでしょう。税務のオンライン申告・申請のシステムは、「e-Tax」と呼ばれており、この呼び名も広く認知されるようになりました。

 そこで、今年の確定申告は、私もかねてから興味のあったe-Taxを試してみることにしたのです。さて、結果やいかに・・。


2. 国税庁の「確定申告書作成コーナー」
(1) 書面作成が簡単
 私は、確定申告の時期が近づくと、いつも国税庁HP「確定申告書作成コーナー」( https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl )を利用して、申告書を作ってきました。ここでは、e-Tax(=オンライン)で税務申告を行う場合だけでなく、書面申告を行う場合でも、比較的簡単な操作で申告書類を作成することが出来ます。パソコンがインターネットに繋がってさえいれば、それ以上の準備をする必要もありません。あとは、作成した申告書類をプリントアウトして、管轄の税務署に郵送するなり、持って行くなりすれば税務申告が済んでしまいます。
作成コーナー画面(書面).png
(書面作成には便利なコーナー)

 もちろん同コーナーからe-Tax用の申告データを作成することも可能です。申告データ作成と言っても、紙の申告書を作るのと同じ事項を入力するだけなので、操作上ほとんど差はありません。しかし、申告データを作成した後、それを税務署に送信するためには、単に封筒に書類を入れて郵送するのとは違った手間がかかります。

(2) 「壁」:e-Taxの何を手間と感じるのか?
 オンラインというのは元来匿名性の高いものなので、オンラインで行政手続きを行う際には、申請・申告人の本人確認の手段が必要になります。このことは、別に行政手続きに限ったことではありません。仮に、将来、重要な契約ですらオンラインで締結されるのが一般化するような世の中が実現するとしたら、オンラインで契約する際には、私人間の契約であっても、当事者の本人確認をする手段が必要になります。

 この本人確認手段が、「電子署名」という仕組みです。丁度、大事な書類には実印を押すのと同じように、大事なデータには電子署名をして本人がデータを送信したことを証明するというわけです。また、実印を押すためには予め市役所等に印鑑を登録する必要があるのと同じように、電子署名するためには予め電子証明書発行機関に登録して電子証明書を得ておく必要があります。

 しかし、電子署名の仕組みが普及していないために、従来、電子証明書発行を申請する人は、それ程多くはなかったように思えます。現時点(平成28年3月)で最も一般的な電子証明書は、住民基本台帳カードに搭載された電子証明書です。この電子証明書を得るためには、市役所等の窓口で、住民基本台帳カードの発行申請することに加えて、電子証明書の発行申請をする必要があります。住民基本台帳カードは、プラスチックの身分証明書であるとともに、電子証明書を格納するための記憶媒体でもあるわけです。

 運転免許証を持っていない人など、身分証明書代わりとして住民基本台帳カードを取得する人はいたでしょうが、そのうえさらに電子証明書を取得する人は、いったいどのくらいいたのでしょうか?仕事で年がら年中電子署名を利用しているという非常に稀な人達を除いて、年に一回しかない確定申告のために、住民基本台帳カードを申請し、さらに電子証明書の発行申請をするような人は、そう多くないのではないでしょうか。

 さらに、カードに格納された電子証明書を利用するためには、「カードリーダー」という専用の読み取り装置を使用しなければなりません。カードリーダー自体は、それ程高価なものではありませんが、使用頻度の低いパソコン周辺機器を買い揃えるというのは、誰にとっても結構決断のいるものです。


3. いざe-Tax・・?
(1) 私の電子証明書ではだめなのか?
 私は登記申請等のために既に電子証明書を所持し、いつも電子署名を利用していたので、当然、e-Taxを利用するのに「壁」はないものと思っていました。私の所持している電子証明書は、住民基本台帳カードのようなカード格納式の物ではないけれど、e-Taxに対応しているということも確認してありました。そこで私は、e-Taxが利用可能であることを前提に、国税庁HP「確定申告書作成コーナー」で確定申告書と青色決算書のデータを入力しました。

 出来上がった申告データを送信するためには、予め国税庁のシステムに自分の電子証明書を登録しておく必要があります。この登録は、上記国税庁のHPから行うことが出来ます。しかし、ここで予想外の「壁」が出てきたのです。なんと、国税庁HPの電子証明書登録画面は、カード格納式の電子証明書にしか対応していないのです。
作成コーナー画面(登録).png
(電子証明書の登録が必要)

 カード格納式でない電子証明書を所持する人もいるであろうに、カードリーダーが無ければ電子証明書を登録できないなんて、そんなわけはないだろうと思い、私は、国税庁のヘルプデスクに電話をかけ、この点について質問してみました。

 最初に応答したヘルプデスクの職員は、「カードタイプ以外の証明書を登録するためのボタンがあるはず。」と教えてくれましたが、そんなボタンは画面のどこを探しても見つかりませんでした。そこで、再度ヘルプデスクに電話をかけると、応答した職員は、ちょっと調べた後に正解を教えてくれました。
証明書登録画面.png
(三種類のカード格納式電子証明書の登録しか受け付けない)

 結局、HPから登録できるのは、カードタイプの3種類の証明書だけということでした。それ以外の電子証明書を登録するためには、「e-Taxソフト」(国税庁の無料配布ソフト)をインストールしたうえで、このソフトを使って登録しなければならないということでした。私は内心、「税務の専門家でもない自分が、税務申告のための専用ソフトウェアをインストールする意味があるのだろうか?」と疑問を抱きましたが、半分意地になっていたので、e-Taxソフトをインストールして使ってみることにしました。

 確かに、教えられた通り、e-Taxソフトを利用すれば、国税庁のシステムに、私の電子証明書を登録することが出来ました。しかし、国税庁HP「確定申告書作成コーナー」を使って入力した申告データの再利用は出来ないらしく、e-Taxソフトを使って確定申告・決算データを入力しなおさなければなりませんでした。

(2) 結局、e-Taxできたのか?
 よし!電子証明書の登録も出来た。申告データ一式も作成できた。あとは、申告データに電子署名を付して、送信ボタンをクリックするのみ・・。しかし、結局、私は、今年も申告書をプリントアウトして税務署に持って行くことにしました。何故でしょうか?

 その理由は、e-Taxソフトの操作中に、頻繁に煩わしい警告画面が出てきたためです。一部の入力項目には自動計算を行う関数が入っており、手計算の結果と自動計算の結果とが齟齬すると、警告を発する仕組みになっているのです。このこと自体は、どんなソフトにもある機能です。しかし、警告画面が出た後に、手計算を優先するように操作を進めても、同じ警告は度々出続けます。ついには、電子署名しようとした瞬間にも同じ警告が現れました。ここで私は、「ひょっとすると、自分の計算のどこかが間違っているのか・・?」と感じ、操作を中断しました。

 その他、e-Taxソフトには、分かりにくい部分が満載です。毎日繰り返し使うソフトウェアならば、多少使い勝手が悪くても、その操作や癖に習熟するのが筋でしょう。マニュアルも隅から隅まできちんと読むのが筋でしょう。しかし、税務の素人が年にたった一回使うのですから、もっと直感的に操作できる造りになっていなければ、使い物にはならないと思うのです。


4. マイナンバーでどう変わるのか?
 平成28年1月1日から「マイナンバー制度」がスタートしました。マイナンバー制度とは、非常に省略した言い方をすれば、複数の行政官署間で個人情報を共有する仕組みのことです。従来、たとえば社会保障を受ける申請のために、申請者自身が関係官署を回って税証明等の書類を集めなければなりませんでしたが、マイナンバーがあれば、社会保障担当窓口で申請者の必要情報を照合することが可能となるので、そんな手間は要らなくなります。
001.png

 いろいろとメリットのある反面、個人情報流出等のデメリットも憂慮されているマイナンバー制度ですが、ここではその議論に首を突っ込むつもりはありません。話題にしたいのは、マイナンバー制度と同時にスタートした公的個人認証(電子証明書)制度のことです。

 昨年(平成27年)秋から、住民登録のある国民すべてに対して「通知カード」というマイナンバーを確認するためのカードが郵送されました。このカードには、被通知者の住所、氏名及びマイナンバーが記載されており、今後、社会保障・税・災害対策の各種行政手続きにおいて被通知者のマイナンバーを確認する書類として提示を求められます。

 しかし、通知カードは、マイナンバーを確認するものに過ぎず、カード所持者の本人同一性を確認する目的には使えません。通知カードは、顔写真すらついていないただの紙ペラ(と言っても、偽造防止処理は施されています。)なのですから当然のことです。本人確認するためには、従来通り、運転免許証等の身分証明書を提示する必要があります。

 そこで、マイナンバー確認と本人確認の機能を兼ね備えたカードがあれば便利ですが、実はそんなカードが用意されているのです。誰でも市役所の窓口で申請すれば、「マイナンバーカード(個人番号カード)」と呼ばれる顔写真付きのプラスチック製カードの交付を受けることが出来るのです。
my_number_card.png

 あまり知られていないことですが、マイナンバーカードには、上記機能(マイナンバー確認及び本人確認)の他に電子証明書機能という「オマケ」がもれなくついています。住民基本台帳カードと違って、電子証明書交付のために別途の申請は必要ありません。
000392653.jpg

 従来、住民基本台帳カードを所持していても、これを利用する場面というのはさほど多くはありませんでした。利用場面が少ないことの結果として、住民基本台帳カードを持っている人も少数派にすぎませんでした。

 これに対して、今後、マイナンバーを利用する機会は確実に増えるでしょう。すると、この際、マイナンバーカードを交付申請してみようと考える人も増えるのではないかと予想されます。そして、マイナンバーカード所持者が増えるということは、所持者本人が希望すると否とに関わらず、電子証明書の所持者が増えるということでもあるのです。

 役人さん達は、「多くの人が電子証明書を持つようになれば、e-Taxのような電子政府を支える制度の利用も自然に進むに違いない」と、秘かに考えているのかも知れません。しかし、今年、私が確定申告書を税務署の窓口に提出した時に抱いた感想は、そんな楽観とはかけ離れたものでした。
zei_kakuteishinkoku.png
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 14:44| Comment(0) | 日記

2015年08月29日

うまいラーメンの作り方を教えろ!の巻

 今回は、いつもとは趣向を変えて、思い出した話をしてみます。ちょっと脚色を加えすぎてしまいましたが・・。



 山本の経営するラーメン店『ホームラン軒』は、玄人好みの塩ラーメンが人気です。透きとおった一見何でもなさそうなスープは、口に含むとすっきりと香り、麺に絡むと芳醇な味わいに変化します。『ホームラン軒』は、今では全国からラーメンマニアが巡礼に訪れる『聖地』とまで言われています。昼飯と夕飯時ともなれば、店の前は、毎日長蛇の列でにぎわいます。
ramenya.png

 それは、初秋のある日、昼食の大混雑がひけた午後のことでした。店には、数人の常連らしい客のラーメンをすする音だけが響いていました。

 「はぁ、今日もひと山こえたな。夕方に向けて充電するか。」そう言うと、山本は、弟子の太朗ちゃんに厨房を任せて、一番奥の客席に座って、遅い昼食を食べ始めました。

 ガラガラガラッ・・。

 引き戸の渇いた音がすると同時に、両手にスーパーのレジ袋をさげた初老の男が、『ホームラン軒』に入ってきました。男は、厨房の太朗ちゃんを見つけると、「おいっ、そこの若いの。店の主人はいるか!」と、いきなり怒鳴りつけました。

 山本は、箸を止めると、「私がここの店主ですが、何かご用でしょうか?」と言って、奥から立ち上がりました。

 「おお。あんたが主人か。実は、インターネットでいろいろ調べて、ここのラーメンが旨いと評判だったので、わざわざ隣町から2時間かけて歩いて来たんだ。」

 山本は、「そうですか、お客様。それは、遠いところを大変ありがとうございます。席に掛けてお待ちください。メニューは、テーブルにございます。お水と麦茶はセルフサービスです。」と、穏やかな人柄のにじみでるような調子で言うと、自分の昼食を切り上げて、厨房に戻ろうとしました。

 すると、男は興奮したように両の手をガサガサさせて、「違う、そうじゃない、違うんだ。わしは、あんたにラーメンの作り方を教わりに来たんだ。わしも、近いうちにラーメン屋を出そうと思っとる。是非、あんたの玄人好みの味とやらを教えてくれ。」と、山本に、ググッと自分の顔を近づけました。

 山本は、口をへの字にして、数秒間、もしかしたら数十秒間、じっと店の天井に目をやりました。男は、山本の鼻の穴を探るかのような目つきで、山本の返事を待ちました。

 そのわずかな時間に、山本の脳裏を様々な記憶が巡りました。

 もともとサラリーマンだった自分が、妻の反対を押し切って、ラーメンの世界に飛び込んだこと。右も左も分からない頃、修業が辛くて、店のトイレでよく泣いたこと。友人から借金までして出した最初の店は、いつも閑古鳥が鳴いていたこと。その店は、一年もたずに潰れてしまったこと。金を貸してくれた友人に、泣きながら頭を下げたこと。その横で、妻も泣きながら一緒に頭を下げてくれたこと。再起を誓ったこと。そして、今の店があること。
ramen_shio.png

 ついに、山本は、男に向かって口を開きました。「申し訳ございません。ラーメンの作り方をお教えすることは出来ません。」

 それは、山本らしい、いつも通りの柔らかな口調でした。

 「別に、あんたに迷惑はかけない。材料だって、ほれっ、このとおり。近所のスーパーで、全部調達してある。今ならヒマだろ。厨房だけ貸してくれりゃいい。あんたは、わしがラーメンを作るのを横から眺めて、口だけ出してくれりゃいい。」男は、山本の目の前に、近所のスーパー『玉出屋』の膨らんだレジ袋2つをぐいと突き出しました。

 山本は、顔の前のレジ袋を、手で振り払いました。山本の手は、わずかにこわばっていました。

 「申し訳ございません。ラーメンを作りたいのであれば、ご自宅でお作りください。私も、商売でラーメン屋をやっているものですから、私にとっては、ラーメンは命と同じです。ラーメンを食べないのなら、どうかお引き取り下さい。」山本の唇も、かすかに引きつっていました。

 「なんだ、客に向かってその態度は!ラーメンが命だと?ふざけたことをぬかすな。ラーメンぐらい誰だって作れるだろ。作り方を独り占めするとは、なんとケツの穴の小さい男だ。お前みたいな偉そうな奴の作るラーメンなんか、頼まれたって食うか!」男は、安物風船のように膨らんで、まくし立てました。そして、ひとしきり暴言を吐くと、戸を乱暴に蹴り開けて、出ていきました。

 男の去った店内には、またラーメンのすする音だけが響いていました。山本も、奥の席に戻って、また、何事もなかったかのように昼食を食べ始めました。

 太朗ちゃんは、チャーシューを切りながら、山本の背中にちらりと目をやりました。『俺も、いつか大将みたいになるんだ・・。』
ramen_tenin.png

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
posted by 司法書士 前田 at 16:01| Comment(0) | 日記