2019年07月06日

異音の原因を探せ!(tern link uno のコースターハブ分解整備)


最近、普段の足として使っているtern link uno (コースターブレーキ搭載のシングルスピード小径車)の後輪ハブ付近から、体重をかけてクランクを踏み込むのに合わせて「カツッ、カツッ、カツッ・・。」と不規則な異音が出るようになりました。同じ周期で出る音ではないので、異音の中でも特に気持ちの悪い部類のものです。

1.JPG
(6年間酷使してきた link uno 。最近いやな異音が・・。)

今回、ちょうど風邪を引いて激しい運動ができないので、異音の原因を突き止めてみることにしました。

まず予想したのは、チェーンとコグとのサイズが違うことから生じるガタです。

実は、link uno のチェーンとチェーンリング(前ギア)は、2年位前、薄歯サイズ(3/32インチ)から厚歯サイズ(1/8インチ)に変更したのですが、コグ(後ギア)だけは薄歯サイズのままだったのです。つまり、内幅の広いチェーンが横方向に遊んでしまうので、それが異音の原因ではないかと予想したわけです。

2.JPG
(厚歯コグ(左)と薄歯コグ(右)。チェーンとの相性を考える。)

ところが、コースターハブを分解してみてすぐに異変に気づきました。シマノのコースターブレーキハブ cb-e110 には全部で3セットのリテーナー付ベアリングが付いているのですが、一番ドライブ側(コグ側)に近いものだけリテーナーが痩せて、ベアリング球がバラバラに外れた状態になっていたのでした。ベアリング球にも、コーン及びカップにもなんだか虫喰い(=傷)がたくさん付いており、グリスの中に金属粉がたくさん混じっています。

3.JPG
(2年ぶりの御開帳。グリスが真っ黒。金属粉も混じる。)

4.JPG
(リテーナーに納まっているはずのベアリング球が外れている。)

5.JPG
(汚れたグリスを拭き取る。)


ここで、一度にコグとベアリングの両方を交換してしまっても良かったのですが、そうすると異音の原因が分からなくなってしまうので、とりあえずベアリングはそのままのものを使用して、厚歯コグに交換して一旦組みなおしてみることにしました。

6.JPG
(高温になるコースターハブには耐熱性のあるグリスを使用。ここで使っているのはウレアグリス。)

7.JPG
(古いベアリングとリテーナーをそのままとりあえず並べて一旦組み直した。)


試走してみて、いやな異音がそのまま出続けていることを確認しました。やはり、原因は、コグではなくて、ベアリングだったということのようです。

8.JPG
(完成・・と思ったら。異音の原因はコグではなかった。)

交換用の汎用ベアリングは在庫してありました。再びベアリングを取り出して、隙間を作らないように詰めたグリスに新しいベアリング球を埋め込みます。もともとリテーナー付きで7球だったところに、リテーナーがなくなったため9球を並べました。虫喰いのあったカップとコーンについては、今回は特に何もしませんでした。

9.JPG
(自転車用として一般的サイズのベアリング。今回使うのは画面右側の大きいもの。)

10.JPG
(ベアリング球には虫喰いだらけ。リテーナーは使い物にならない。)

11.JPG
(カップとコーンも虫喰いしているが、次回の課題。)

12.JPG
(ベアリング球の数を2つ増やして隙間を埋める。)

再び組みあがったところで、さて試走。

”buttery smooth”「バターのようになめらか。」とはまさにこの走行感覚です。異音?もちろん、そんなものはもうありません。


ホーザン(HOZAN) ハブコーンレンチセット ハブ玉押し、ロックナット専用スパナ 4本セット 13/14/15/17mm C-504

新品価格
¥2,774から
(2019/7/6 19:17時点)




SK11 デジタルトルクレンチ 差込角 9.5mm 3~60N・m SDT3-060

新品価格
¥9,980から
(2019/7/6 19:19時点)




ロブテックス(エビ) ハイブリッドモンキX 200mm グリップ UM30XD

新品価格
¥1,760から
(2019/7/6 19:20時点)




モリブデングリース

新品価格
¥670から
(2019/7/17 09:41時点)








posted by 司法書士 前田 at 19:12| Comment(0) | 自転車

2019年06月22日

ノドを潤せ!(ボトルケージ取付部品をDIY)


夏にボトル(水筒)を持たずにサイクリングに出かけるのは危険です。風が当たって何となく涼しい感覚でいると、気づかないうちに身体の水分が不足して、深部体温が上昇してしまっているということになりかねません。

ところが、私のAuthorのマウンテンバイクは、フレーム前三角が狭すぎて、ボトルを取り付ける余裕がありません(一応ボトルケージ取付用のリブナットが有るには有るのですが・・。)。

1.JPG
(狭くてボトルの格納場所には不適。)

そこで、今回、取り外し可能なボトルケージ取付部品を自作してみることにしたのです。

まずは、ハンドルバーにつけてみました。ボトルを抜き挿しするには良さそうです。ママチャリで同じようにしている人をたまに見かけます。

2.JPG
(取り易いという点では良いが・・。)

しかし、坂道を登り始めると、これが結構不便であることに気づきます。勾配のキツイ区間で重心を前にしてダンシングすると、ボトルが上半身に当たります。さらに、ハンドルの片側に750g超もの重りがついているわけですから、当然、ハンドリングが気持ち悪いったらありゃしません。即刻、ボツです。

3.JPG
(ハンドルに重量物を取り付けるべきでは有りません。当然。)

次に考えたのは、サドル下(シートポスト)です。重量配分的には、ここがベストでしょう。

4.JPG
(長年ため込んだ余分なプラスチック部品を再利用。)

5.JPG
(「あっ!」という間に完成。)


ちょっとサドルにまたがってペダルを動かしてみましたが、どこにも干渉することはありません。使い勝手も良さそうです。これで、夏を乗り切れます。めでたし、めでたし。

6.JPG
(サドル下ならボトルの抜き挿しも、ペダリングも問題なし。)

IMG_2392.JPG
(2019年6月23日追加写真:使い勝手を実証。)

IMG_2393.JPG
(2019年6月23日追加写真:サドルバッグとも共存。)




CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムチル 自転車用保冷保温ボトル 保冷効果2倍 710ml(24oz) カスタム ブラック/ブラック 18892129

新品価格
¥1,895から
(2019/6/22 18:38時点)




Runacc サイクルボトルケージ 自転車用ボトルホルダー ドリンクホルダー クランプ式 調整可能 ブラック

新品価格
¥1,038から
(2019/6/22 18:39時点)




PIKANCHI ステンレススチール スポーツ ウォーターボトル 広口 ドリンクボトル アウトドア キャンプ 750ML

新品価格
¥999から
(2019/7/23 15:44時点)










posted by 司法書士 前田 at 18:39| Comment(0) | 自転車

2019年06月14日

梅雨の準備


2019年6月7日、東海、関東、東北等が梅雨入りしたとの発表がありました。これはうかうかしてはいられません。

早速、また大きなドロヨケ(以前の記事「日陰のレビュー:フェンダー編」で紹介しました)を取り付け、そのついでにノビータイヤから太スリックタイヤに交換しました。ノビータイヤでは、雨水を大量に跳ねるし、汚れたときに洗いにくいからです。

交換したタイヤは、IRC社のメトロ(26×2.0インチ)です。

IMG_2342.JPG
(2019年6月8日、早速、小雨での登坂。運が良い・・か?)

このタイヤは、マウンテンバイクで舗装路を走るときの一押しです。

メトロは、適度な太さがあるのでマウンテンバイクのシルエットに似合います。耐摩耗性やグリップ性能が良いのは当然のこととして、経年劣化に強いことも特筆すべき点です。ゴム質の良くないタイヤは保管しておくだけでもヒビ割れたり加水分解したりすることがありますが、メトロにそんな心配は無用です。私のように、数カ月ごとに気分でタイヤ交換しながら乗っている(=外したタイヤは保管する)ような人向けというわけです。

ただし、残念ながら、メトロには現在の主流サイズ27.5インチはありません。私のような古いマウンテンバイクに乗っている人向けです。

IMG_2343.JPG
(2.0インチ幅ならドロヨケとの相性もバッチリ。)

IMG_2344.JPG
(後輪もドロヨケとのクリアランス十分。)

IMG_2347.JPG
(2019年6月9日、梅雨入り前の貴重な晴天。)



IRC METRO 26×2.00 19632F ブラック 26X2.00

新品価格
¥2,730から
(2019/6/14 14:41時点)




自転車 フェンダー サイクルギア フェンダー前後セット 700C用 ブラック 84350

新品価格
¥2,982から
(2019/6/14 14:43時点)




本所工研(Honjyo) 亀甲フルフェンダー 700C H06FEN00701 700C

新品価格
¥8,551から
(2019/7/19 09:07時点)









posted by 司法書士 前田 at 14:40| Comment(0) | 自転車

2019年06月04日

安い1×9(ワン・バイ・ナイン)のギア比変更


私がいつも登坂トレーニングに使っているスペシャライスド・ロックホッパー98(99?)のギア構成は、前36丁:後11−25丁の「1×9(ワン・バイ・ナイン)」です。

このように変速比の幅が狭い構成のことを「クロスレシオ」と呼びますが、私がクロスレシオにしていた理由は、古い自転車をワン・バイ化するにはそのほうが安上がりで安全(=チェーン落ちしない)だからです。

しかし、峠道を登りながらロー(いちばん軽い後25丁)に変速するのはいつも心地の良いものではありませんでした。前側変速のないワン・バイでチェーンラインを最適に保つ(=チェーンがよじれない状態にする)ためには、一番外側のギア(ローとトップ)はできれば使いたくないのです。

そこで、今回、ワイドレシオ(前32:後11−32丁)のギア構成に変更してみることにしました。ただし、「ワイドレシオ」といっても、後10−51丁のスプロケットやクラッチ付ディレイラーを使った最新のワン・バイ専用システムとは比べ物になりませんが。


1.JPG
(変更前。クロスレシオのギア構成。舗装の坂ならギア比に関してはこれでも十分。)


交換するチェーンリングは、中国製の激安ナロー・ワイド32丁です。同じナロー・ワイドを既に別のマウンテンバイクでも使っていて、効果(チェーン落ち防止)は実証済みです。スプロケット(11−32丁、9速)は、ガラクタ箱の中に転がっていたものを使います。


2.JPG
(交換する前後ギア。バッシュガード(画像中央)も取り付ける。)


3.JPG
(早朝から自転車いぢり。東窓からの朝日が爽やか。)


4.JPG
(せっかくの機会なので、アルコールを使って部品を清浄。)


5.JPG
(変更前(左)と変更後(右)。強そうなバッシュガード。)


6.JPG
(変更前(左)と変更後(右)。差が分かりやすい。)


7.JPG
(ガラクタ箱の中に転がっていたチェーンガイドも使ってみる。)


8.JPG
(チェーンガイド取り付け後。安心感10割増し。)


ギア比構成を変更してから、すぐに六甲の峠道を登ってみました。

これまでロー(前36丁:後25丁)で登っていたような勾配のきつい区間は、これからはサード(前32丁:後24丁)でも余裕十分です。ロー側の残り二つのギア(後28丁、後32丁)は普段使うことはないでしょうから、非常用ということになります。

繰り返しますが、今回のワイドレシオへの変更は、より軽いギアを使いたいからではなくて、自分が常用するギア比域でドライブトレインに負担をかけない(=チェーンラインをまっすぐに保つ)ようにするためなのです。「ワイドレシオ化すれば急勾配でもへっちゃら。」というようなありがちな発想ではありません。

ところで、自転車用チェーンの規格には、大きく分けると1/8インチと3/32インチの二つが存在します。これらはプレート内幅を示します。前者はシングルスピード用の厚歯で、後者は多段変速用の薄歯です。そして、薄歯なら6速であろうと11速であろうと同じ内幅ですので、ナローワイドチェーンリングを使う時には、とくに段数に気をつかう必要はないわけです。


9.JPG
(これから夏本番。900ml大容量アルミボトルが活躍。)


10.JPG
(後ディレイラーは9sソラss(ショートケージ)。変更なし。)


11.JPG
(緑濃くなる季節。)




チェーンリング 32T 104BCD Mutte MTB ナローワイド チェーンリング シングル (ブラック, アルミニウム合金)

新品価格
¥2,299から
(2019/6/4 13:17時点)





ギザ CD-04 チェーンキャッチャー ブラック Φ31.8mm(GDG01800)

新品価格
¥432から
(2019/6/4 13:22時点)





Driveline ドライブライン スーパーガード M1モデル 40T Driveline 黒 ブラック Black 自転車用 バッシュガード チェーンリングガード BCD104mm MTB 【正規輸入品】

新品価格
¥3,580から
(2019/6/4 13:27時点)






posted by 司法書士 前田 at 13:12| Comment(0) | 自転車

2019年05月14日

日陰のレビュー(フラットペダル編:MKS(三ヶ島)MT−LITE)


レビューというと普通は最新商品が中心でしょうが、ここでは、私が自分で実際に使ってみてひそかに気に入っている割安自転車用品・部品を評します。今回は、三ヶ島のマウンテンバイク用フラットペダルMT‐LITEです。


MT-LITEBk1.jpg
(質実剛健というにふさわしいペダル。)

私がMT‐LITEを使うようになってから3年が過ぎました。購入した当初の状態で回転がとても良かったので、調整などせずにそのまま登坂トレーニング用のロックホッパーに取り付けました。


IMG_2123.JPG
(整備も調整もせずに好調。)

以来、毎週末走りに出て、一度も分解整備することなく今日に至ります。これまで不具合はありません。2000円ちょっとでも、さすが日本製です。


アルミ本体をスチールのケージ(側板)で囲んでいるので左右合計で439gありますが、細かい重量など気にしてはいけません。大きさは横97mm×縦64mmで、大きすぎず小さすぎずといったところです。クラシカルなデザインのケージは、たいていの靴底によく食いつきます。

また、使用されているベアリングは、最近流行のシールド式ではなくて、昔ながらのカップ&コーン式です。これも、自分で調整できるのでむしろ好都合です。

IMG_2124.JPG
(懲りずにまた登る。)

ビンディングペダルに飽きたら、おすすめ。


MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット

新品価格
¥2,116から
(2019/5/14 12:32時点)





MKS(三ヶ島) ペダル エムティーラックコンペ [MT-LUX-COMPE] チタンカラー 左右セット

新品価格
¥2,699から
(2019/5/14 12:34時点)








posted by 司法書士 前田 at 12:34| Comment(0) | 自転車